プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年03月17日

ビジネスとアートと宗教のあいだ

暗やみ本屋ハックツ企画会議。

ビジネスとアートと宗教のあいだ
ビジネスとアートと宗教のあいだ

23人の人が参加。
ブックスタマ上石神井店の
会議室は人でいっぱいになった。

ビジネスとアートと宗教のあいだ
1月に寄付侍になった高橋さんと村山さんも初めまして、で名刺交換。

ビジネスとアートと宗教のあいだ
打ち上げ会場はすぐ近くの餃子屋「一圓」
こちらにも16名が参加。
すごい盛り上がりました。

これから半年かけて、
「暗やみ本屋 ハックツ」を形作っていきましょう。
これは、みんなで作る本屋です。

寄贈本を集めるのと同時に
企画を語り合う「ハックツ企画会議」は
毎月1回開催予定。
次回は4月18日(土)14:00予定です。

今回のイベントで出たのは、
・本を寄贈したい人・工事をしたい人・寄付をしたい人・劇団員として運営したい人
さまざまなメニューを用意したほうが参加しやすいということ。

最後に川上徹也さんからのご指摘で
・店内との一体感をどう作っていくか?
ここはこれから半年かけてつくっていかなければなりません。

今回、いちばんすごいと思ったのは、
寄贈本のクオリティの高さ。

これは「10代に向けて」と
テーマを設定したことによって、
より相手のことを考えた選書に
なっていると思いました。

10代から20代だと、
社会人の初めのときに読んだ、
ちょっとしたビジネス書を
寄贈してしまうのだけど、

今回は、
わざわざ本を新たに買いなおして
持ってきてくれた人も多く、
非常に思いが詰まっていました。
だからこそ、前半での本の紹介にも熱が入りました。

昨日は劇団員チームで振り返りと今後の展望をしました。

ビジネスとアートと宗教のあいだ
ビジネスとアートと宗教のあいだ
ビジネスとアートと宗教のあいだ

※ツルハシブックスでは劇団員を募集しています。
http://tsuruhashi.skr.jp/boshu

僕は、アートとしては中学生高校生に
メッセージを届ける手段としての本を
洗練させていきたいと思っています。

そして、オトナのアート(ビジネス)としては、
ブックスタマ上石神井店に好影響(売り上げが上がる)
をもたらしていきたいと思っています。

そして、宗教としては、
「劇団員」という生き方を
広めていく最前線にしていきたいと思ってます。

中学生高校生が来た時に、
「共演者が来た」と感じて、
彼らの話を引き出し、
その瞬間を演じる劇団員。

そんな人たちと一緒に
これからの本屋の仮説をつくり、
検証していきたいと思っています。

ブックスタマ×ツルハシブックス
「暗やみ本屋 ハックツ」
ようやくスタートしました。

ビジネスとアートと宗教のあいだに
「暗やみ本屋 ハックツ」という
リレーショナル・アートを
形作っていきたいと心から思います。

東京近郊の方、全国の方、
あなたも10代に本を届けませんか?

「劇団員募集」はこちらから。
http://tsuruhashi.skr.jp/boshu

同じカテゴリー(思い)の記事画像
人生は経営であると伝えること
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。
瓶の中に紙切れを入れ、封をして海に流すことだけ
同じカテゴリー(思い)の記事
 人生は経営であると伝えること (2019-08-18 07:58)
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)
 違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。 (2018-02-23 08:21)
 「向き合わない」で「パラレル」につくる (2018-02-09 08:33)

Posted by ニシダタクジ at 07:16│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。