プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年03月23日

思いがけず、たどり着いた駅

思いがけず、たどり着いた駅

ツルハシブックス4周年記念イベント
「これからのツルハシブックスのつくりかた」
山田店長とのトークセッション。

ツルハシブックスとは何か?
これからどうなっていくのか?

ここでも大活躍した店員サムライのみほてぃーに
1年間でいろんなものをもらった気がする。

彼女が最後に言った一言が
印象的だった。

みんなが集い、そして旅立っていく
「プラットホーム」としての本屋を
別の言い方で表現するとどうなるか?

「思いがけず、たどり着いた駅」
だと彼女は言った。

誰もが人生という旅の途中で、
どこかに向かっている。

まっすぐに新幹線で向かっている人は
そんなに多くなくて、
ゆっくりと各駅停車で乗り換えながら
自分でもよくわかっていない目的地を目指す。

ある人は、電車の心地よさに、うっかり寝てしまい、
乗り過ごしてしまった。

ある人は、車窓の景色に惹かれ、
降りてみようと思った。

ある人は、終点で乗り換えようと思った駅に
次の電車までのあいだ、ちょっと降り立ってみた。

そんな人たちが偶然にも出会う、小さな本屋。

「気がついたら私も、
本屋という舞台の
共演者になっていました。」

後から振り返ると、
そんなふうにしか回想できない、不思議な場所。

ある人は、
本棚からピンと来た1冊を選び、
イロハニ堂でゆっくりと読んでから、次の旅に出る。

ある人は、
地下古本コーナーで誰かからの手紙のついた本を受け取り、
初めて出会ったはずの店員さんや他のお客さんとなぜか仲良くなって、
また会おうと約束して学校生活に戻っていく。

ある人は、そこに残り、店員サムライとして、
後から来る共演者たちのために、
場を一緒につくることにする。

そうして、旅立つ人は旅立ち、残る人は残る。
旅立つ人たちにとっては、帰ってくる場所である。

そんな空間を一緒に作ってきた
3人の卒業生。
21日は彼らの卒業式だった。

よこおくんとのじまさんとはばっち。
3人は3年以上も関わり、
ツルハシブックスの礎を作ってくれた。
それぞれ、山形、東京、福島への旅立っていく。

「思いがけず、たどり着いた駅」からの出発。

次はどんな色の、どんな速さの電車に乗るのだろう?
どんな人と一緒に旅をするのだろう?

ツルハシブックスを卒業してからも、
どこの現場にいっても、
みなさんが「ツルハシブックス劇団員」として
演じ続けることを心から願っています。

卒業おめでとうございます。
よい旅を。

思いがけず、たどり着いた駅
思いがけず、たどり着いた駅

※素敵な卒業式を企画してくれた今井さんと店員侍のみなさん、本当にありがとうございました。

※ツルハシブックスという「思いがけずたどり着いた駅」を
一緒につくっていく「劇団員」を募集しています。
http://tsuruhashi.skr.jp/boshu

※「思いがけずたどり着いた駅」というコンセプトからは
本当に演劇がひとつできそうだなあと思っています。
ツルハシブックスを舞台に演劇をやる日は近い。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「判断」の余白をつくる
高校生がまちに魔法をかける
アートとデザインのあいだ
あなたは何芸人なのか?
「大学での研究」というプロジェクト設計ができるか?
チーム「自分たち」に「地域」というプレイヤーを含めていく
同じカテゴリー(日記)の記事
 「判断」の余白をつくる (2019-12-09 10:20)
 高校生がまちに魔法をかける (2019-11-18 07:53)
 アートとデザインのあいだ (2019-11-16 08:28)
 あなたは何芸人なのか? (2019-11-09 07:54)
 「大学での研究」というプロジェクト設計ができるか? (2019-10-24 10:13)
 プロジェクトの解像度を上げる (2019-09-27 07:22)

Posted by ニシダタクジ at 07:53│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。