プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年07月16日

「評価」ではなく、「承認」を必要としている。

マズローの欲求5段階説と、山竹伸二さんの3つの承認欲求


「認められたいの正体」(山竹伸二 講談社現代新書)

夢至上主義の苦しさのひとつもここにある。
「他者からの承認」を得ようとする心だ。

「承認」は「評価」と裏表になっているように思える。
つまり、「承認されたい」という気持ちは
「評価されたい」と思っているのに近い。

しかし。
実際はそうではないと思う。
「承認」と「評価」は別物である。

何か悪さをして、お母さんにおこられた後に、
おばあちゃんの家に行って、
「大丈夫、あなたがいい子なのはおばあちゃんは知っているから」

というのは、「評価」ではなく、「承認」である。
おばあちゃんからすれば、「受容」である。

おそらくはここ。
大学生が抱える生きづらさの正体の1つはそこにあるのではないか。

学校、および学校化された社会では、
「承認」と「評価」が一体化している。

そのため、本来は「承認」が必要であるはずの
子どもたちが「評価」を求めてしまう。
簡単に言えば、「褒められること」を求めてしまう。

ところで、ビジネスの世界で一時話題になった
「コーチング」の世界では、
褒めること(評価)と承認が区別されている。

~~~ここからwebより引用

http://jinji.jp/blog/blog01/2014/12/09-371833.php
「人事戦略研究所」webより

コーチングにおける「承認」

1.「あなたがいてくれて助かる」といった存在そのものを認める「存在承認」
2.「いつも掃除してくれてありがとう」といった努力やプロセス、日頃の好ましい言動を認める「事実承認」
3.「仕事のスピードが上がったね」といったよい方向へ変化していることを認める「変化承認」
4.「目標達成おめでとう、よくやった」といった成果、結果を認める「成果承認」

http://allabout.co.jp/gm/gc/323900/2/
All about 部下が元気になる「承認」とは?より

承認を伝える際には次の3つのポイントを意識して伝えましょう。

1.事実を伝える
相手が何を達成したか、どんな行動をしたかの事実を伝えること

2.比較する言葉は使わない
「A君より優れている」など、比較を使うと受け取りにくくなります

3.相手に届くのを待つ
承認を伝えたら相手が受け入れるのを待つ。
相手の反応がすぐになくても、よく観察していることです。
一瞬の表情の動きや声のトーンの変化を見逃さず意識します

~~~ここまでwebより引用

なるほど。
「承認」と「評価」は別物なのだ。

だから。
大学生が考えるのは、
自分がほしいのは、「評価」ではなくて「承認」
なのではないか?ということ。

学校は「評価」を前提としたシステムとなっているので、
どうしても「評価」を求めてしまう。

そしてそれこそが
引用記事の2つ目にあるように、
他者との「比較」を生み、より苦しくなってしまっているのだ。

こう書いていて、
思い出したひとつの本がある。


「第四の消費」(三浦展 朝日新書)

http://hero.niiblo.jp/e346221.html
ブログ「20代の宿題」~家電を売るために夢を持て?(2014年1月30日)

1975年。
洗濯機、冷蔵庫、テレビなどの耐久消費財の
世帯普及率が90%を超えた。

もはや、家電は売れない。
(テレビは2台あってもいいかもしれないが、洗濯機は1家に2つ必要ない)

しかし、家電メーカーは多数の社員を抱え、
ローンでマイホームを購入済みだ。

洗濯機をもう1台売るにはどうしたらいいのか?
世帯を分断すること、つまり一人暮らしである。
そして、「第四の消費」でも書かれているが
ウォークマンに代表される個別家電を売ることだ。

これを三浦さんは「個性化消費」と呼んでいる。
つまり、自分らしく生きるために家電を買うということ。

僕はこれが、
「承認欲求」を「他者評価欲求」にすり替える
社会全体の巧妙な作戦だったのではないか、と考える。

つまり。
人と違うものを持つことも、人と同じものを持つことも、
「個性化」ではなく、「他者評価欲求」を満たすものなのではないか。
女子高校生がルイヴィトンのバックや財布を持つことも、それに近いのではないか。

しかし。
冒頭の「認められたいの正体」にもあるように、
本当に必要なのは、「他者評価」ではなく「承認」なのではないか。

まず、その自覚。

自分がかけがえのない存在であるという「親和的承認」
自分がチームの中で役割を果たしているという「集団的承認」
自分が社会の役に立っているという「社会的承認」

これらを得るためにすることと、
「他者評価」を得るためにすることは、
違うのではないか、という今日の仮説でした。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「ふりかえり」と「自己評価」
「ターゲット」と「お客」のあいだ
「なぜ」「いま」「私が」やるのか
「コミュニティ」と「プロジェクト」のあいだ
「余白」があるから開かされる
「学校」は他者評価を「前提」としたシステム
同じカテゴリー(日記)の記事
 「ふりかえり」と「自己評価」 (2017-09-12 08:22)
 「就職」という「間借り」 (2017-09-08 07:55)
 好きがアートに変わるまで (2017-09-07 06:31)
 「ターゲット」と「お客」のあいだ (2017-09-06 08:09)
 「手紙を届けた」瞬間に出会うために (2017-08-25 08:24)
 「なぜ」「いま」「私が」やるのか (2017-06-23 07:31)

Posted by ニシダタクジ at 07:27│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。