プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年08月05日

「計画通り」じゃないことに価値がある

若者は、若いというだけで価値がある。
「存在」そのものに価値がある。

粟島に行くと、僕でさえ、若者だ。
そしてそのことを実感させてくれる。
高齢化率50%の島では、シーズンオフに行けば、
道を歩いているだけで話しかけられる。

「地域で何かやる」ということは、
ひとつは、この「存在承認」を得るためなのかもしれない。

そしてそれは、
地域の大人たちにとっては、
「活気」そのものだ。

大人たちは若者に何かをお手伝いしたい。
それが生きるモチベーションにつながっていく。

若者にとってはどうか。

僕は「キャリアドリフト」的に
大きな価値があると思っている。

予測不可能な時代。
どこに最先端があるか分からない。
頼りになるのは自らの価値観と感性だけだ。

それを磨くためには、
いろんな価値観(大人)と
いろんな感性(美しいもの)に
出会っていくことが必要だ。

そのためには、
アートに出会うこと。
そして、アートを生きる大人に出会うこと。
価値観と感性ある大人に出会うこと。

だから、
「やってみる」に価値がある。

「やってみる」⇒「振り返る」⇒「計画を立てる」の順番にする。
通常は
「計画を立てる」⇒「やってみる」⇒「計画通りにできたかチェックする」
というプロセスを学んでいる。

そして、
「計画を立てる」というプロセスで、
不安要素がたくさん出てきて、
「やってみる」をやめてしまう。

そして、実際「やってみる」ができたとしても、
評価されるのは、
「計画通り」かどうかである。

そうではなくて、
計画通りじゃないところで何を気づくか、学ぶか?どう判断するか?
が大切なのではないだろうか。

だって、未来は計画通りにはいかないからだ。

だから、イベントの時の振り返りは、
計画通りにできたかどうか?だけではなくて、

「予測できたよかったこと」=計画通りにできたかどうか?
「予測できた悪かったこと」=計画通りにできなかったことは何か?
「予測できなかった悪かったこと」
「予測できなかったよかったこと」

の順番に振り返りをすると、
学びが大きい。

とにかくやってみる。
そして「失敗」を学びに変えること。

エジソンは言った。
「私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ。」
これが試作の時代に必要なマインドであると思う。

では、「やってみる」ことができたとする。
次に必要なのは、コミュニケーション・デザイン、だ。
相手の話を聞く、ということ。

これは、
「コミュニケーション力」ではない。
「コミュニケーション・デザイン」。
たとえば、初めてのデートに行くとします。

水族館、海浜公園、陶芸体験、ディズニーランド
どこにするか?
パスタ屋、お好み焼き屋、モスバーガー、ラーメン
どの店で食べるか?
相手と(相手が)話しやすいのはどの店か?

それを考えていくこと。
・四角いテーブルより丸いテーブル。
・椅子に座るときは90度の角度で座る。
・何かを飲みながら食べながら。(特におせんべいがおすすめ)
・ぶっちゃける。(心を開く)
・質問する。(相手のことを知りたい)

そうして、相手のことを分かっていく。

「双方向」なコミュニケーションから
新しいサービスが生まれる。

僕がボランティアを初めてしたのは、
2004年、30歳のとき。
新潟県中越地震。
川口町で子どもと遊ぶボランティアをしていたとき、
とっても苦しかった。

学校にいけない。
水道もガスもでない。
親は相手をしてくれない。
そんな極限状態のなかで子どもたちと遊ぶ。

遊んでいるときの子どもたちは笑顔だ。
しかし、時間は過ぎる。
あっという間に終了時間の16時になる。

車に乗って、現地を去る僕たちを
子どもたちが追いかけてくる。

僕たちは車の中で黙り込む。
それは新潟市に帰るまで続く。

無力。
圧倒的な無力感。
僕たちは彼らの役にたっているのだろうか?
そんな問いが生まれる。

その3年後。
中越沖地震が起こる。

今度は刈羽村で子どもと遊ぶボランティアのコーディネートをする。

中越地震でホールアース自然学校に習った、
「同じ人が3日以上同じ場所に行く。」
を実施した。

毎日違う人が来るとストレスになる。
昨日と同じおにいちゃんおねえちゃんが来たほうがいい。
そんな信念のもとに作られた。

子どもはニーズを発しない。
「3日以上同じ人に来てほしい」とは言わない。
しかし、おそらくはそうだろうと、
相手の立場に立って想像して、何かを差し伸べる。

それがうまくいったかいかないのかを検証する。
振り返りの時間だ。

刈羽村では、ボランティアの最後に
30分の振り返りの時間を設け、
行動を振り返った。

「ボランティア」とは
「やってみる」⇒「振り返る」の連続だなあと思う。

「ボランティア」はよくハートのマークでされるが、

そのハートは、ボランティアをする側からされる側に
一方的に与えられるのではなく、
ボランティアをされる側がもっている半分のハートに
あった半分のハートを、コミュニケーションをとりながら、
もっていくことで、ひとつのハートができていくという
行為なのではないかと僕は思う。

それを繰り返すことで、
将来も、お客さんが待っているサービス・商品を
生み出すことができる価値観・感性が磨かれていくのではないだろうか。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「やりたいことがわからない」と「自分に自信がない」
「アイデンティティ」と「劇場」と「ふるさと」
場の魅力と目的多様性
「前提」を疑うこと
「成長」とか「挑戦」ではなく
他者評価の檻の中に入る前に
同じカテゴリー(日記)の記事
 「やりたいことがわからない」と「自分に自信がない」 (2018-05-31 08:32)
 「アイデンティティ」と「劇場」と「ふるさと」 (2018-05-30 08:28)
 場の魅力と目的多様性 (2018-05-21 08:32)
 「前提」を疑うこと (2018-05-11 07:57)
 「成長」とか「挑戦」ではなく (2018-05-03 07:49)
 「評価」と「承認」のあいだ (2018-04-17 07:52)

Posted by ニシダタクジ at 06:50│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。