プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年10月30日

高校生に何を届けるか?

水戸芸術館が毎年やっている名物イベント
「高校生ウィーク」
http://arttowermito.or.jp/hssw/

高校生に現代アートやアーティスト、地域の大人
に触れてもらおうというイベント。

1993年スタートってことは
僕もまだ10代の頃だ。
(予備校の自習室で、めっちゃ勉強してた。)

高校生に「アート」を届ける
ってとっても素敵なことだなあと。

アートとは、「問い」が生まれることだと、
北澤潤さんに教わった。

僕も高校生ウィーク2016に参画したいなあと。
今年1月に松本でやった
天空HAKKUTSUとかやれたらいいなあ。
http://hero.niiblo.jp/e461405.html

「困難」とは、「使命」を確認する「機会」にすぎない。

ミッションは何か?
顧客は誰か?
顧客にとっての価値は何か?
成果は何か?
計画は何か?

困難にぶつかったと思ったら、
ドラッカーの5つの質問に立ち返っていこう。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「暮らし」とは、分けないこと
夢が感染する学校
「その人」は世界を変える人かもしれない
「高校魅力化」が問いかけるもの
「学びの生態系」をつくる
「判断」の余白をつくる
同じカテゴリー(日記)の記事
 「暮らし」とは、分けないこと (2020-01-19 08:01)
 夢が感染する学校 (2020-01-12 08:59)
 「その人」は世界を変える人かもしれない (2020-01-11 07:17)
 「高校魅力化」が問いかけるもの (2019-12-24 08:20)
 「学びの生態系」をつくる (2019-12-22 08:32)
 「判断」の余白をつくる (2019-12-09 10:20)

Posted by ニシダタクジ at 06:38│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。