プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年12月02日

ささる、問う、つながる、包み込む

金曜日のヒカリエと
月曜日のクルミドコーヒーを
ちょっと総合してみると。

これからのメディアのあり方が
浮かび上がってくる。

広告メディアの役割や方向性は、
「ささる」:東海テレビCM
「つつみこむ」:商店街ポスター展

クルミドコーヒーは、
650円のコーヒー、2700円のシュトーレンを
売りながら、「問う」。
そして、共感した人たちが「つながる」

「ささる」「問う」「つながる」「包み込む」
こういう構造になっているのではないか。

「問う」ためには、「ささる」必要があって、
「つながり」を継続するためには、
「つつみこむ」デザインが必要なのではないか。

一番大切なのは、
問う⇒つながる
がうまく機能していること。

つまり。
単に「つながる」のではなくて、
そこには「問い」の共有があることが
大切なのではないか。

問いを前提にした「つながる」があって、
そこから生まれる包み込まれる感じ、
がこれからのコミュニティを作っていくのではないか。

そう考えると、これからは、
メディアとコミュニティは
切り離せない関係性になっていく。

「世界を変えていく」と「世界を創っていく」
というのが同時に起こっていく、
そんな「場」が生まれるのではないか、
と思った。

同じカテゴリー(言葉)の記事画像
ソフトとしての本屋
「共鳴」から始まるプロジェクト
「チューニング」から始まる。
その点は、角か桂馬か
「営み」に会いたくなる旅
逢着(ほうちゃく)
同じカテゴリー(言葉)の記事
 「予測不可能」という価値 (2018-05-23 10:20)
 「サードプレイス」から「アナザー・バリュー・スペース」へ (2018-02-28 08:12)
 ソフトとしての本屋 (2018-02-18 09:49)
 「どうぐや」になる (2018-01-03 06:21)
 小さなゆうびんせん (2017-07-19 08:03)
 「共鳴」から始まるプロジェクト (2017-06-17 06:30)

Posted by ニシダタクジ at 07:12│Comments(0)言葉
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。