プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年12月14日

会うたびに変わらない熱意で実現を語ること

会うたびに変わらない熱意で実現を語ること
茅ヶ崎・REVENDEL

「暮らしの教室」のひとつ。
3地域4会場で展開される
「暮らし」を考える場。
http://monosashi.me/

モノサシっていうアドレスが素敵だ。
代表の熊澤さんの、「暮らしと農は切り離せない」という言葉どおり、
農園があり、クラブハウスがあり
メンバーになると宿泊も可能という素晴らしい場だった。

昨日は
「お金を超える価値のつくり方」ということで、
並河進さんの講座。

会うたびに変わらない熱意で実現を語ること
並河さん

会うたびに変わらない熱意で実現を語ること
並河さん+熊澤さん

会うたびに変わらない熱意で実現を語ること
今回のワークショップのお題は、REVENDEL農園で作られた
小麦と大豆から作った味噌を何と交換するか?

~~~ということで以下メモ

小さな世界⇒大きな世界
家族⇒地域⇒国⇒グローバル

多様性  小⇒中⇒大
モノサシ 大⇒中⇒小

グローバル:共通言語が少ない⇒モノサシが少なくなる。

  買う
モノ←お金
  →  
 売る

お金=便利なものさし
基準がひとつしかなくなっていく恐ろしさ

価値があってお金(価格)が生まれた
↓はずなのに
いつの間にかお金(価格)によって価値が決まる
ようになっていた。

もはや自分で価値を判断できない
→価格によって価値を判断する。

without money

資本主義の世の中でどうやって
お金を超える価値を生み出していくか。

  買う
モノ←お金
  →  
 売る

モノに新しい価値を与える。
お金じゃないもので買う
タンス+机⇒値段のわからないものになる。
相場観のないものになる。

価値あるとされているものを疑ってみる。
価値がないとされているものに価値を見出す。

「新しい」」
「便利なもの」
「きれいなもの」
は本当に価値があるのか?

落書きされた教科書はきれいではないが、教科書っぽいのではないか。

それ、つくりますプロジェクト
新日本様式こころプロジェクト
「せつない」を成分分析する。
⇒商品開発する。

トイレ美術館
⇒トイレの見え方が変わった。

  買う
モノ←お金
  →  
 売る

買うという行為に買う以上の価値を与える。
千のトイレプロジェクト
東ティモールでトイレをつくる。
村の人と一緒につくる。⇒ほめられるのを待っている。

ネピアのシェア上がる
→お店が共感して商品を置く
→売り上げが上がる

・応援につながる
・参加する

買うことが応援につながったり、参加につながったりする。
GIRL meets GIRL
ピンキーリング

  買う
モノ←お金
  →  
 売る

お金じゃないもので売り買いする

グローバリゼーションの波
勝ち残るには値段や差別化しかないのか?
そもそも戦わなければいけないのか?
ルールが1つなのはどうか?
⇒without money

値段を外した状態でデビューさせる。
⇒価値・価格を決めさせる。

モノ→お金

モノ←お金
に変わっている。

逆アリプロジェクト
逆にありかも、を考える。
こわいおじさんにクマさんと名付けるとかわいくなる。

モチベーションは問いを実証したいということ。
目に見えないものと経済をつなげていくこと。

毎回世の中に響かなくてもいい。
試行すること。

やっている人がどういうバックグラウンドでやっているかが大事
こうやってつくったんだ。

チームに必要なのは、
最終的にカタチになるんだと信じていること。
1人でもヤケに信じているやつがいることでカタチになる。

会うたびに変わらない熱意で実現を語る人
実現した実績のある人→それを入れていく。
みんなが信じられる何かを入れていく。

~~~ここまでメモ

いやあ。
スゲー。
カッコイイなあ。

並河さんはアーティストだなあと思った。

目に見えないものを経済とつないでいく。
そのプロセスでたくさんの問いを生んでいる。

アートの役割は、当たり前に問いを生むことだと
北澤潤さんが言っていたけど、
究極の当り前であるお金に、問いをなげかけているんだなあと。
これについてはまた明日。

一番印象に残ったのは、最後のところ。
プロジェクトが実現するのに必要なのは、
最終的にカタチになると信じている人の存在。

これ、きっと僕の役割だなあと。

最終的にカタチになるのだと信じること。
そして会うたびに変わらない熱意で実現を語ること。

それがコメタクでもハックツでもツルハシブックスでも
僕の役割なのではないかと思った。

素敵な時間と空間でした。
ありがとうございました。

同じカテゴリー()の記事画像
学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる
ドリームチームのフリをしろ
信は力なり
「結節点」としての私と「わたしたち」
動的な屋号と空白のある地図
地域のためではなく、自分のために
同じカテゴリー()の記事
 学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる (2020-09-18 06:41)
 ドリームチームのフリをしろ (2020-09-13 07:46)
 信は力なり (2020-08-08 07:30)
 「結節点」としての私と「わたしたち」 (2020-07-24 08:11)
 動的な屋号と空白のある地図 (2020-06-14 09:22)
 「機会」を「問い」に換え、Whyに立ち返る。 (2020-06-05 07:58)

Posted by ニシダタクジ at 08:06│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。