プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2016年01月13日

自信をつけるには

理系の学生は教員の技術力を見ている
文系の学生は教員の人間力を見ている
そこで尊敬するに値するかどうか、判断している。

とある先生の言葉。

そして、人間力がいちばん試されるのは、なんと、
麻雀の舞台だったという。

なるほど。
そうなのか。
いつまでも人間力を磨かないとな。

新年のキーワードは2つ。
自信を持つ、持たせる。
そして
社会に対して希望を持つ。

そこで自分自身のスタンスをあらためて
明らかにしておく。

「自信がない」は後天的に獲得した資質である。
http://hero.niiblo.jp/e459844.html
(2014.12.29「20代の宿題」より)

ここから出発していこうと思う。

「自信がない」のがデフォルト(初期状態)ではなく、
もともと自信はあったのに、
「自信がない」を上書きしているだけだ。
そうでなければ、自転車に乗れないはずだ。

「やればできる」わけではないけど、
「やればできる」かもしれない。
だから、やってみるしかない。

その地平に立てるかどうか?

自信がないから、自信をつけるためのチャレンジする、のではなく、
気がついたらチャレンジしていた。
そんな風に場を設計できるかどうか。

その立ち位置から出発しよう。

志を持って、目の前にいるお客に、声をかけていこう。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
人と向き合わず目標に向かう
気が付くと地域と自らの人生の当事者になっている
10年後に最高の形で、この学校があるとしたら
自己の在り方生き方と一体的で不可分な課題
「知りたい」のスイッチを入れる
OSとしてのカマコン
同じカテゴリー(日記)の記事
 人と向き合わず目標に向かう (2020-02-23 07:29)
 気が付くと地域と自らの人生の当事者になっている (2020-02-22 12:36)
 10年後に最高の形で、この学校があるとしたら (2020-02-17 06:21)
 自己の在り方生き方と一体的で不可分な課題 (2020-02-11 07:00)
 「キャリア」から「ライフ」へ。 (2020-02-07 07:58)
 「知りたい」のスイッチを入れる (2020-02-07 06:24)

Posted by ニシダタクジ at 06:38│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。