プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2016年01月28日

キャリアドリフトのゴールは、「お客に出会う」ということ

世の中には「キャリアデザイン」の
ほかにもさまざまなキャリア理論がある。
10以上はある。

しかしながら、日本で主に採用されている
「キャリアデザイン」は、目標設定達成型のキャリアスタイルである。

「キャリアデザイン」は
目標を決め、達成していくという
キャリアプロセスを踏んでいく。

この理論が機能するには、
前提条件が必要である。

1 最終目標に設定した仕事がずっと無くならない。
2 キャリアは「積み重ね」られていく。
3 効率化・合理性が機能する。

いま、何のために、これをやっているのか?
を問い続け、あらたに目標を再設定しなおす。
そんなことが必要である。

世間的な例でいけば、
プロスポーツ選手のように、
幼いころから、そのスポーツ一筋で
世界を目指して訓練するというのがそれに当てはまる。

一方でスティーブジョブズが言っているように、

「将来をあらかじめ見据えて、
点と点をつなぎあわせることなどできません。

できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。
だから、我々はいまやっていることが
いずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。」

というような考え方は、
クランボルツ博士の「計画された偶発性理論」、
いわゆる「キャリアドリフト」と呼ばれます。

ここで浮かぶ不安は、「キャリアドリフト」では、
後からつながるかもしれないけど、
本当につながっているのか?」と不安になることです。

僕は、キャリアドリフトのゴールは、
「お客に出会うこと」だと思っています。
ゴールといっても達成ではないのですが。

仕事の本質は、顧客を幸せにすることです。

その顧客とは誰か?
自分にとっての顧客とは誰なのか?
考えることです。

そのためには
数多くの「顧客候補者」に出会うことです。
あるいはそれは、
過去の自分自身なのかもしれません。

もしかしたら、
医者になりたいと志した少年は
幼いころ病弱で、優しいお医者さんに救われたかもしれない。

もしかしたら
いま国連で働いているお兄さんは、
幼いころテレビで見た紛争地域の子どもたちの映像に、
強く心を痛めたのかもしれない。

そうした過去の自分や自分の強烈な体験により何とかしたい
と思った人が、顧客として設定されます。

顧客さえ設定されてしまえば、
あとは彼らを幸せにする方法を考え、
それが金銭的価値を生み出せる仕事であれば
その仕事をしていくということです。

お客が設定された時点で
次の問いのステージに行きます。

どうやってそのお客を幸せにするか?

ドラッカー博士の言葉を借りれば、
「顧客にとっての価値は何か?」です。

僕の場合は、
悩める中高生にとって、学校の大人だけではない
地域の大人との出会いが生まれる場が価値があると
直感したのは2002年。

そこから9年の時を経て、
2011年にツルハシブックスをスタートするわけですから、

「価値」がなんとなく見えても、
何度も試行錯誤を繰り返していく、
「仮説」を立てて、実行してみる、そして振り返る。
つまりドリフトしていくということです。

そうやってだんだんと
自分なりに顧客を幸せにするための仮説が
見えてくる。

もちろん。
顧客は、変わっていくこともあるでしょう。

しかしそのときも同じプロセスを踏んでいくだけです。

行動し、顧客に出会う。
顧客にとっての価値を考え、実行してみる。

それを繰り返すことで、
天職という仕事に近づいていくのではないかと僕は思います。

天職という職業があるのではなく、
仕事の中には天職だと思える瞬間があるのだと
僕は思っています。

同じカテゴリー(就職)の記事画像
企業も、乗り物
就活を再定義する
僕が小さな会社でのインターンシップをおススメする理由
余白おじさん
ポートフォリオ型就活の時代
With whom to dance?
同じカテゴリー(就職)の記事
 企業も、乗り物 (2017-10-03 08:15)
 就活を再定義する (2017-09-29 08:08)
 自分を構造的に見つめなおす (2017-09-14 07:42)
 「顧客に出会う」夏休み (2017-08-09 08:30)
 「はたらくこと」への違和感 (2017-08-07 08:15)
 僕が小さな会社でのインターンシップをおススメする理由 (2017-06-12 08:15)

Posted by ニシダタクジ at 06:09│Comments(0)就職
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。