プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2016年04月18日

夢はのりもの



「ゆめのはいたつにん」出版記念イベント
千住まちマルシェ@北千住長円寺にいってきました。
僕は、書籍販売&サイン会担当でした。


「ゆめのはいたつにん」(教来石小織 センジュ出版)
センジュ出版の記念すべき第1作目。

この本には、
とっても素敵な「手紙」が詰まっています。

この本を読んでいて、
ふと思ったつぶやき。

「夢はのりもの」
夢は見るものではなく、のりものなんだって。

スゲーって。
だから、そのことを著者に伝えようと、
「ゆめのはいたつにん」をあらためて読んでみるのだけど、
全然その場所が見つからない。

見つからないままに、
イベントを迎え、サイン会の時間がやってきた。

「あそこがいちばんよかったです。夢はのりもの、のところ」
「えっ。そんなこと書いてないですよ。あれ、西田さんのオリジナルです。」
「ええええ!!ホントですか??」

とめちゃめちゃビックリ。
ということで、過去のtwitterを見直して、
ふたたび「ゆめのはいたつにん」を読み直してみる。

すると、ありました。
122ページ
「こんな私でさえ、夢はすごいところに連れていってくれました。」

これだ、きっと。
夢が教来石さんを連れてってくれた。
きっとそれって本当だろうなあと。

夢はのりもの。

目指していくものではなく。
追い続けるものでもなく。
のりもの。

そしてそこにはおそらく、
目的地が設定されていない。

でも、来たるべきときに。
そののりものは、乗換駅に、乗換港にたどり着く。
違うのりものに乗り換えるときがくる。

そしたら、乗り換えればいいんだ。

昨年9月、今井さんがツルハシブックスを卒業したときの、あの感情だ。
http://hero.niiblo.jp/e473195.html

だから、乗ってみたらいいんだ。
恐れずに。

どこに連れていかれるのか、わからないけど、
夢は自分をいろんなところに連れていってくれる。

他者の夢を応援するっていうのは、
そののりものの乗組員を志願するということ。
決して進路を指し示すことではない。

乗換駅に、あるいは乗換港に到着する日まで、
一緒にこの列車に、この船に乗らないか?

キャリアドリフト時代の「夢」は、
目指すものでも叶えるのものでもなく、
のりものなのかもしれないな。

同じカテゴリー(言葉)の記事画像
「共鳴」から始まるプロジェクト
「チューニング」から始まる。
その点は、角か桂馬か
「営み」に会いたくなる旅
逢着(ほうちゃく)
「やりたいことは何か?」ではなく「顧客は誰か?」
同じカテゴリー(言葉)の記事
 小さなゆうびんせん (2017-07-19 08:03)
 「共鳴」から始まるプロジェクト (2017-06-17 06:30)
 「チューニング」から始まる。 (2017-06-13 05:45)
 その点は、角か桂馬か (2017-02-28 08:42)
 すべては機会でしかない (2017-02-24 07:56)
 「営み」に会いたくなる旅 (2017-01-22 07:45)

Posted by ニシダタクジ at 06:14│Comments(0)言葉
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。