プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2016年05月21日

平成の野山獄をつくる

平成の松下村塾をつくらないか?

って言われたらちょっとワクワクする。

ツルハシブックスも
暗やみ本屋ハックツも、
そういう構造になっている。

でも、本当は松下村塾ではなくて、
「野山獄」が原点なんだよね。

海外渡航の罪で
吉田松陰が入れられていた野山獄。

ここで、驚くべきことが起こる。
吉田松陰は、一生そこから出られない人たちを観察し、
俳句教室や書道教室の講師にしてしまう。

「俳句教室、やりませんか?」と
本人にも、周りの在牢人たちにも声をかけて、
俳句教室が行われた。

するとどうだろう。
彼らがキラキラと輝きだすのだという。

小説「吉田松陰」を読んでいて、
このエピソードに衝撃を受けた僕は、
すぐに萩に向かった。

野山獄跡地を見て、
吉田松陰先生の墓参りをするためだ。

2004年4月。
桜舞う季節に、僕は萩にきた。
野山獄のエピソードが僕に火を灯した。

「学びあいで希望は生まれる」
というヒントだった。

平成の野山獄。
それは今の世の中にある、
僕たちのチームのようなものだ。

経済至上主義という獄の中で、
希望を生み出そうともがいている僕たち。

その有効なひとつの方法が
「学びあいの場をつくる」だ。

おそらくはツルハシブックスも、
暗やみ本屋ハックツも、
まきどき村も、
そのようなものを目指してきたのかもしれない。

次は大阪。
またしても僕は、平成の野山獄をつくります。

あなたも共に学びませんか?

同じカテゴリー(思い)の記事画像
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。
瓶の中に紙切れを入れ、封をして海に流すことだけ
ローカル・リベラルアーツ・ラボラトリー
同じカテゴリー(思い)の記事
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)
 違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。 (2018-02-23 08:21)
 「向き合わない」で「パラレル」につくる (2018-02-09 08:33)
 瓶の中に紙切れを入れ、封をして海に流すことだけ (2017-12-11 08:33)

Posted by ニシダタクジ at 07:45│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。