プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2016年06月15日

「ふりかえり」というエンターテイメント

究極のエンターテイメントは「学び」であると思う。

新しいことを知る。
何かができるようになる。
過去の点と点がつながる。

その学びを
もっとも得られる機会、
それが「ふりかえり」ということになるのかもしれない。

「機会」を感知し、
「行動」が起こり、
「ふりかえり」で学ぶ。

おそらくはこの繰り返しによって、
人は学び、感性と価値観を磨いていくのだろう。

昨日のふりかえりの時間はとっても楽しいものとなった。

「ふりかえりの文化をつくる」
最近のテーマ。

ふりかえりの3つの視点
「自分視点」:自分が感じたこと、考えたことをふりかえる。
「構造視点」:関係性から構造的にふりかえる。
「未来視点」:時間軸で過去と未来の視点からふりかえる。

ジュニエコであれば、
「自分視点」で考えれば、小学生と接する中で感じたこと
考えたことをまずふりかえる。

「構造視点」では、小学生、親、青年部と自分たちなどの
関係性から、構造上の課題や利点などをふりかえる。

「未来視点」では、自らのキャリアを展望したり、
イベント自体の将来的な展開について考え、ふりかえる。

そして何より、
ふりかえりそのものを楽しくやらなければならない。

イベント後の「反省会」(いわゆる飲み会)
があるのに「ふりかえり」をしないなんてもったいない、
と思うくらいの「ふりかえりの文化」をつくりたい。

僕が中村さんに教わった振り返りの初歩的手法。

予想できたこと、できなかったこと
よかったこと、悪かったこと
という2軸でのマトリクスをつくり、ふりかえるという手法

左上:予想できたよかったこと
左下:予想できた悪かったこと
右下:予想できなかった悪かったこと
右上:予想できなかったよかったこと

右上よりも右下のほうを先に表記しているのは、
個人振り返りのあとのグループ、あるいは全体ふりかえり
の際に、この順番でやっていくと、ふりかえりが
楽しくなるのだということ。

ふりかえりが「反省会」(この場合は本当の反省会)
になってしまわないように。

「反省会」は、
「反省」しなければいけないから、

改善点がひたすら出てくる。
もっとこうしたほうがよかった、
ここは失敗だったから次はこうしよう。
いや、もちろんそれも大切なんだけど。
このマトリクスで言えば下の部分。

そこももちろんちゃんと議論するのだけど、
まずはよかったことから話をはじめ、
中盤でじっくりと反省・改善をして
ラストで「予想できなかったよかったこと」で終わる。

なにか、「行動」すれば、
「予想できなかったよかったこと」に出会える。
それをチームで共有すること。
それが一番楽しいのかもしれない。

「ふりかえりの文化」をつくる

そのためには、
ふりかえりのエンターテイメント性を
高めていくことが必要であるなあと感じた
ふりかえりでした。

以上、ふりかえりのふりかえり、終わり。(笑)

同じカテゴリー(学び)の記事画像
ツルハシが掘るもの
18歳を他者評価の檻から脱出させる
まちゼミという問い
本屋とは、世界に放たれた手紙
「予測できない」というモチベーション・デザイン
「なぜ?」は未来ではなく、過去に対しての問い
同じカテゴリー(学び)の記事
 活動そのものより振り返り (2017-10-20 07:53)
 whyから始める (2017-10-16 07:57)
 ツルハシが掘るもの (2017-10-15 08:06)
 18歳を他者評価の檻から脱出させる (2017-10-10 08:15)
 「就活」の違和感 (2017-09-11 08:17)
 クラウドファンディングというメディア (2017-08-21 18:26)

Posted by ニシダタクジ at 06:32│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。