プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2016年07月21日

長期的ビジョンは自分を縛るだけ

長期的ビジョンは自分を縛るだけ
シゴトとヒトの間を考える~シゴトヒトフォーラム2014(ナカムラケンタ・友廣裕一)

長期的ビジョンは自分を縛るだけ

「長期的ビジョンは自分の未来を縛るだけ。」
水曜どうでしょうの藤村さんの一説。

いいですね。
楽になります。

~~~ここから引用

会社でよく、3か年計画とか5か年計画とかつくるじゃないですか。
ぼくはあれも、まったく意味がないと思っています。

長期的な計画っていうのは、
ただ未来を縛るだけだから。

優秀な経営者がつくったものであれば、
縛ることなく、伸ばすのかもしれないけど、
優秀な経営者なんてほとんどいないんですよ。

そうじゃない人がつくった長期的ビジョンなんて、
未来を縛って、平気で無理をさせるだけなんです。

だからよく、取材を受けて
「『水曜どうでしょう』は今後どうしていきますか?」
って聞かれると、「とくに考えてないです」って答えます。
「何かやりたいことはないんですか?」って言われても、
「たいしてないです」って。

「なんてやる気のないヤツだ」って思われるかもしれないけど、
そんなことを考えていたら、自分を縛るだけだし、
やりたいことがあったらそれはもう、考えていないでやりますから。

~~~ここまで引用

いいなあ。
痛快。
気持ちいい。

一期一会。
この一瞬を生きる。
放浪書房が僕に教えてくれたこと。

この一瞬の本との出会いを、
大切にしていきたい。

やりたいことがあったら、
長期的ビジョンを描かずに、
いや、考えないで、まずはやろう。

同じカテゴリー()の記事画像
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。
ベクトルとして存在を許されるカフェという場
なぜ、若者は「地域」を目指すのか?
「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。
二元論ではなく内包する
同じカテゴリー()の記事
 それは「本屋」かもしれない (2020-11-04 07:20)
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。 (2020-10-17 09:56)
 ベクトルとして存在を許されるカフェという場 (2020-10-15 06:21)
 なぜ、若者は「地域」を目指すのか? (2020-10-07 07:41)
 「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。 (2020-10-04 08:27)

Posted by ニシダタクジ at 07:31│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。