プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2016年07月30日

日々、瞬間瞬間、自分が問われている



瀬戸大橋には、思い入れがある。
1988年4月の瀬戸大橋開通。

バブルの絶頂期に、
僕は中学生2年生だった。
ゼネコンの景気は特によかったから、
テレビコマーシャルはにぎやかだった。

そこで出会った大成建設のキャッチコピー

「地図に残る仕事」にシビれた。

いつか自分も、地図に残る仕事をしよう、
そう心に決めた。

それから10年後の1998年8月。
僕は徳島にいた。
自然農実践者の集い。

僕は何も実践していないのだけど、
こっそり参加した。

なんのために生きるのか。
自分にとって農とはなんなのか?
自分がやるべき農のカタチとは?
そんな問いを抱いて、瀬戸大橋を渡った。

沖津一陽さん。
実践者の集いの前日、徳島市で徳島自然農塾の
勉強会があった。

そのときのゲストが沖津さん。

「泊まるところは?」
「まだ決まってないです。」
「じゃあ、うち来るか?」

ということで、軽トラに乗せられて、
僕は沖津家に泊まることになった。
帰りは遅くなるから、とチェーン店のラーメン屋で
ラーメンを食べて帰った。

自然農とは、
「耕さない」
「草・虫を敵としない」
「肥料・農薬を必要としない」
という3原則からなっている。

しかしこれは、「ねばならない」ではない。

耕すことが必要だと感じれば耕せばいいし、
ちょっと米ぬかでも振ろうかなと思えば、やればいい。

その瞬間。
作物と畑の状態を見て、自分で判断し、
どうするかを決めるのである。

沖津さんが言った。

「その草を残すべきか、刈るべきか、畑に立つと
自然とわかるようになる」

あの言葉を聞いた瞬間。
僕の旅は終わった。

正確に言えば、
「答えを探す旅」は終わった。

答えなど存在しない。
畑に立ち、作物と、畑と、自然と対話し、
自ら判断し、全力でそれを遂行する。

それだけだ。
本当に、それだけなんだ。

あの日から僕の座右の銘は
「ダイコンがダイコンを全うするように、私は私を全うする。」
になった。

秋には一緒に稲刈りをやらせたもらった。

そんな沖津さんと、18年ぶりの再会。



緊張した。
でも、変わらぬ沖津さんがそこにいた。
沖津さんは今でも哲学者だった。

~~~以下メモ

日々、自分が問われている。
自然の営みを感じる。

人間も自然の一部である。
雑草も虫も活かし合う存在である。

理屈で納得してると反論が来る。
理屈じゃないところで納得する。
反論されない。知るか。

~~~以上メモ

90分。
メモにするとこれくらいしか起こせないけど、
いい空間だった。
わざわざ仕事の手を休めて相手をしてくれた。

なんとも言えないじわじわくる時間。

1998年のあの日。
僕の人生はようやく始まったんじゃないか。

もしかしたら、
「答えなどない」と実感した瞬間に、人生は始まるのではないか。

そして今は、僕は畑に立っていないけど、
自然を感じ、宇宙を感じ、対話し、共演者と活かしあう関係をつくり、
生きていくこと。

それだけ。
ただ、それだけなんだ。
シンプルなんだ。

日々、瞬間瞬間、自分が問われている。
わたしは、わたしを全うする。

沖津さん。
18年前の思いを、変わらぬ思いを、ありがとうございました。
まだまだ、これからです。



同じカテゴリー()の記事画像
商売はよ、ここ、ハートだがんな
歌っているようなランチ
発酵人であるということ
「違和感」を無かったことにしない。むしろ大切にする。
無力感という出発点
ツルハシブックスラスト3DAYS
同じカテゴリー()の記事
 商売はよ、ここ、ハートだがんな (2017-09-25 08:11)
 歌っているようなランチ (2017-09-22 18:10)
 発酵人であるということ (2017-08-08 08:53)
 「違和感」を無かったことにしない。むしろ大切にする。 (2017-05-28 08:19)
 バットを振らせてくれ (2017-03-09 07:53)
 「東京」基準を疑う (2017-02-20 07:53)

Posted by ニシダタクジ at 07:33│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。