プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2016年08月11日

「茶」とは何か?という問い

サザコーヒーの小泉さんによる学生向けのコーヒー講座。
僕のほうがシビれてしまった。

サザコーヒーの強さの秘密がわかった。

「誇り」「プライド」

スターバックスではない価値を提供しているという自信。

豆へのこだわり。
と一言では書けない、圧倒的な知識。

コーヒーとは生き物であり、
抽出とは対話である、と感じた。

3倍の値段を付けて売る、ということ。
そのためには、バカみたいにこだわるということ。

そして、なによりプレゼンテーション。

同じコーヒーであっても、
プレゼンテーションによって、
味わいは変わってくる。

お金があってできることは、誰でもできる。
しかし、知恵でオリジナリティーを出していくことは
小さい会社だからこそできるんだ。
どうプレゼンテーションするか。

コーヒーの抽出を10杯同時にやる。
おおお!と思わせる。
そこで、コミュニケーションが生まれる。

そもそも、岡倉天心のいう「茶」とは
そういうものだったのではないか。

「茶」とは何か?
問いかけるということだったのではないか。
「茶」の中に何があるのか?

1杯の茶の中に
「宇宙」が詰まっている、ということではないか。

そんな問いが生まれるような
コーヒープロモーションができたら、いい。

いい問いとパッションをいただきました。
本当にいい仕事をさせてもらっています。
ありがとうございます。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
人生は経営である。ただし個人戦ではない。
「ひとり」に出会うこと
「機会」としての「学び」をつくる
「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける
「手段」としての学びから「機会」としての学びへ
人生も熱中して遊ぶべきだ
同じカテゴリー(学び)の記事
 人生は経営である。ただし個人戦ではない。 (2019-08-25 05:56)
 「ひとり」に出会うこと (2019-08-13 08:27)
 「機会」としての「学び」をつくる (2019-08-03 08:42)
 「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける (2019-07-24 09:39)
 「手段」としての学びから「機会」としての学びへ (2019-07-06 09:04)
 人生も熱中して遊ぶべきだ (2019-07-03 14:52)

Posted by ニシダタクジ at 08:56│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。