プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2016年09月27日

ハックツというアイデンティティ

国立本店とコラボ会議。
ツルハシブックスとハックツを簡単に説明する。

こういう場所で説明すると、
なんかやっぱりツルハシブックスとかハックツ
ってすごいんじゃないか。
って思う。

本関連のコミュニティはたくさんあるけど、
ハックツやツルハシブックスほど
スタッフのモチベーションが高いところは
ないんじゃないか。

そんなふうに思った。

そしてその秘密は、おそらく、
10代、中高生にフォーカスしているところ。

構造的には、
10代のための居場所(第3の場所)
をつくるプロセスの中で、

それがスタッフたちの共通点となって
そこは彼らの居場所(第3の場所)にもなっている。

そしてさらにそれを応援する、
地域の大人たちが本や、運営のための資金の
支援をしていく。

それが地域の大人にとっての、
第4、第5の場所になっていくといいのだろうな。

ハックツがコラボするとしたら、
10代、中高生というのは、外せないキーワードに
なっていくのだろうと思う。

それがハックツのアイデンティティであり、
ハックツがハックツである理由なのだから。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「判断」の余白をつくる
高校生がまちに魔法をかける
アートとデザインのあいだ
あなたは何芸人なのか?
「大学での研究」というプロジェクト設計ができるか?
チーム「自分たち」に「地域」というプレイヤーを含めていく
同じカテゴリー(日記)の記事
 「判断」の余白をつくる (2019-12-09 10:20)
 高校生がまちに魔法をかける (2019-11-18 07:53)
 アートとデザインのあいだ (2019-11-16 08:28)
 あなたは何芸人なのか? (2019-11-09 07:54)
 「大学での研究」というプロジェクト設計ができるか? (2019-10-24 10:13)
 プロジェクトの解像度を上げる (2019-09-27 07:22)

Posted by ニシダタクジ at 05:16│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。