プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2017年05月02日

そのゴールは、本当にゴールなのか?


「ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、
不便をとり入れてみてはどうですか? 不便益という発想」
(川上浩司 インプレス)
今回のスタンダードブックストアではコレにしました。

まだ読み始めたばかりなんだけど、
便利なことと豊かなことはイコールなんでしょうか?
という問いかけが響きます。

まだこれから読み進めるのですが、
3~4年前のテーマだった
「目標を立てるということはどのくらい価値があるのか?」
「目標を立てることで失われるものがあるのではないのか?」
という問い。

この本に出てくるたくさんの「不便」は
コミュニケーションの機会になっていたり、
自然を実感するものだったりするんだけど。

http://hero.niiblo.jp/e356203.html
計測可能であるという罠(14.2.13)

3年前の結論としては、
学校が夢や目標を持て、と子どもたちに「強制」するのは、
「そのほうが管理が楽だから」
ということだった。

3年前ののブログにも書いてあるけど

科学とは、計測可能であるということ。
科学的であるとは、再現性があるということ。

つまり。
言語化・数値化されたわかりやすいゴールに対して、
この手法を使うと、誰でも到達します。
ということが科学だ。

教育が科学であるならば、
計測可能で再現性を持たなければならない。

その際におそろしいのは、
「ゴールとして書きやすいものを、ゴールとして設定してしまう。」
ことだ。

この「書きやすい」は、キャリア教育的に言えば、
「大人を納得させやすい」ということになるのだろう。

そういうことをやっていると、何が起こるか。
おそらくは、「学びからの逃亡」が起こるだろう。

予定調和。
ゴール逆算。
目標に向かった教育内容の配列。

そのどこに「面白さ」や「ワクワク」あるのだろうか?

その先に、いや、そのプロセスに、
豊かさはあるのだろうか?

受験勉強のような人生を一生続けるのだろうか。

夢は何のために設定するのか?
目標とは何のために立てるのか?

同じカテゴリー()の記事画像
「新しい」に価値はあるのか?
発酵人であるということ
出会うたんです
本との出会いかた
政治空間と貨幣空間のあいだ
いつのまにか「目的」が分からなくなる
同じカテゴリー()の記事
 「新しい」に価値はあるのか? (2017-08-11 08:52)
 発酵人であるということ (2017-08-08 08:53)
 出会うたんです (2017-08-01 08:26)
 本との出会いかた (2017-07-22 05:20)
 政治空間と貨幣空間のあいだ (2017-07-20 08:23)
 いつのまにか「目的」が分からなくなる (2017-07-14 08:19)

Posted by ニシダタクジ at 08:11│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。