プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2017年05月27日

be ambitious




クラーク博士。
わずか9か月札幌農学校に滞在。
Boys be ambitiousって言ったとか言わないとか。
定かではないそうだ。
https://www.lib.hokudai.ac.jp/collections/clark/boys-be-ambitious/
(北大の図書館のサイトより)

なのに、北海道大学を挙げての激推し。笑。

でも、いいなあって。
be ambitiousって状態のことですよね。

大志を抱いている状態のこと、
have a dreamじゃないもんね。
あり方を問いかけているんだなと。
どうあるか。

それにしてもミッションのある大学
って空気感がちがうなあと。

内田樹さんも言っていたけど、
キャンパスライフって、
そういう「ミッションに包まれる」っていう
経験もあるんだろうな。

もっと五感を動かすような、
場の力を生かした何かが必要なのかもしれないね。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「生きてる感」がどこから来るのか?
もし、このプロジェクトが「アートプロジェクト」だとしたら
テクノロジーを巴投げする(笑)
facebookの告知が「顧客」に届かない理由
目標の先にあるもの
「余白」と「委ねる」と「問い」と「学び」
同じカテゴリー(日記)の記事
 「生きてる感」がどこから来るのか? (2018-01-05 08:18)
 もし、このプロジェクトが「アートプロジェクト」だとしたら (2017-12-22 08:05)
 テクノロジーを巴投げする(笑) (2017-12-19 08:03)
 facebookの告知が「顧客」に届かない理由 (2017-12-13 08:17)
 目標の先にあるもの (2017-12-12 07:58)
 「余白」と「委ねる」と「問い」と「学び」 (2017-11-28 09:09)

Posted by ニシダタクジ at 07:52│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。