プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2017年06月14日

「第3の大人」になるかもしれない場所



6月10日(土)
暗やみ本屋ハックツ@新城劇場
オープン記念イベント。

サンクチュアリ出版の金子さんを
ゲストにトークイベント。

練馬・上石神井の暗やみ本屋ハックツの話から
「第3の大人」の話になる。

井口くん。
暗やみ本屋ハックツ2015年のオープン当初から
のスタッフ。25歳男。

常連の小学生にとっての
「第3の大人」としての井口くんがいる。

それは、
もう、「第3の大人」と
総称される人ではあるけれど、
それは具体的に井口くんだ。

たぶん。
そういうのが必要なのだろう。

最近、僕の周りの人が
(具体的には、新潟の池戸や大分に行ったちひろさん)

「地域活性化とか賑わい創出とかじゃないんじゃないの?」

って言っているのと
タイミングを同じくする。

自分の暮らしや目の前にいるひとり。

それを大切にしていきたいと
仕事をつくり、また活動をしている。

「暗やみ本屋ハックツ」は、
10代が第3の大人に出会うかもしれない場所であり、
自分自身が、「第3の大人」になってしまうかもしれない場所。

大切な本にメッセージを付けて、
暗やみの本屋に託す。
懐中電灯を持ち、10代がそれを探す。

その先にもしかしたら、
それは本を寄贈してくれた人だけではなく、
ハックツした前後にスタッフと話をすることによって、
または10代自身がスタッフをすることによって、
第3の大人に出会えるのかもしれない。


暗やみ本屋ハックツ@上石神井の中高生スタッフ

そんな場をつくっているのだろうと思う。

実は、中高生にとって必要なのは
「第3の場所」ではなく、「第3の大人」ではないのか。

いや、「第3の大人」のいる場所を後から振り返って、
人は「第3の場所」だったと思うのではないか。

そしてその「第3の大人」は自分自身かもしれない。
という学びの場を、あるいは何らかの力を、
「暗やみ本屋ハックツ」での出会いが
提供してくれるのかもしれない。

だからスタッフは世間的にはいわゆる休日を
費やして、暗やみ本屋に立つのかもしれない。

今週末6月17日(土)11:00~17:00
西武新宿線上石神井駅近くのカフェで
暗やみ本屋ハックツやっています。

寄贈本を手に持って、
見学に行きませんか?
僕も一緒に行きます。

連絡いただければ駅まで
迎えに行きます。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
「まがり」な人生
「自分のやりたいことは何か?」ではなく「自分のお客は誰か?」
「心を開く」から始まる
世の中に「やってみる」を増やす
未来はカフェで生まれている
宗教なき時代に、本屋ができること
同じカテゴリー(思い)の記事
 これからの(僕の)本屋 (2017-09-24 05:53)
 「まがり」な人生 (2017-08-28 08:11)
 「本屋」という方法 (2017-07-25 09:08)
 自信とは、「やったことがある」ということ (2017-06-21 05:34)
 「自分のやりたいことは何か?」ではなく「自分のお客は誰か?」 (2017-06-16 08:23)
 「地域」で活動し、「顧客」を探す (2017-05-16 08:12)

Posted by ニシダタクジ at 05:47│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。