プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2017年07月25日

「本屋」という方法

松岡正剛さんが言っていた。
「日本という方法」
http://hero.niiblo.jp/e146329.html
(2011.12.15)

本屋という方法。

地下古本コーナーHAKKUTSU
暗やみ本屋ハックツ

っていうのは、
中学生高校生に本を読んでもらいたい
というのと、

地域の大人と中学生高校生を
つなぎたいっていうのと、

リアル本屋価値は「偶然性」にあるのではないかと
そういうのを全部ひっくるめた方法なのだろう。

そして何より、
「仕事は手紙」という価値観を体現したものなのだろうと思う。

そういう意味では、
OB訪問が付いた本を売る就活応援古本屋さん。

現役大学生の解説がついた参考書だったり。

もしくは大学の先輩の解説(テストの過去問)付きの
大学の教科書だったり。

「本の処方箋」みたいに、
リアルに相談できる1対1の関係をつくる
っていうのは面白いかもしれないなと。

そしてそれこそが
リアル店舗が必要な理由なのだろうと思う。

そういう場をつくる、
というのをミッションにしていけば、

全部並列でやるっていうのも、
需要者と供給者が重なっていって
面白いかもしれないね。
委託販売にすれば可能かも。

ひとりひとりへフォーカスする。
その人に預かった「手紙」を届ける。

それを
「本屋」という方法で実現すること。

たぶん、それかも。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
「自分のやりたいことは何か?」ではなく「自分のお客は誰か?」
「第3の大人」になるかもしれない場所
「心を開く」から始まる
世の中に「やってみる」を増やす
未来はカフェで生まれている
宗教なき時代に、本屋ができること
同じカテゴリー(思い)の記事
 自信とは、「やったことがある」ということ (2017-06-21 05:34)
 「自分のやりたいことは何か?」ではなく「自分のお客は誰か?」 (2017-06-16 08:23)
 「第3の大人」になるかもしれない場所 (2017-06-14 05:47)
 「地域」で活動し、「顧客」を探す (2017-05-16 08:12)
 人生を「経営」するための地域活動 (2017-05-12 05:40)
 「やってみる」と「ふりかえる」 (2017-05-11 08:24)

Posted by ニシダタクジ at 09:08│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。