プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2018年02月20日

本のある空間という祈り


「センスオブワンダーを探して」(福岡伸一 阿川佐和子 だいわ文庫)

名古屋のちくさ正文館本店で購入。
いついってもほしい本だらけです。
今回は泣く泣く3冊に絞りました。
そのうちの1冊。

「生物と無生物のあいだ」の福岡さんと
「聞く力」の阿川さん。

対談本ってあんまり得意じゃないのだけど
この本はするする来ます。

序盤のハイライトを紹介します。

阿川さんは、石井桃子さんが始めた私設図書室「かつら文庫」
に子どものころ通っていたが、
ほかの子どもが次々と大作を読破する中で、
さんざん外で遊んだあとに、文字の少なくて絵が多い、
「せいめいのれきし」や「ちいさいおうち」などを読んでいたという。

「かつら文庫50周年の集い」で
石井さんのお弟子さんで、児童文学者の
松岡享子さんの講演で
「子どもの感受性は大人になってからでは取り返しがつかない」
と聞いて、「今から読んでも無駄なんだ」と悲しくなったのだという。

そしてトークショーで松岡さんと一緒になったとき、
思わず言ったという。

~~~以下本文より引用

「私は本当にダメな子でした。
かつら文庫に通っていたほかの子どもたちと違って、
あんまり本を読まなかったし」とお話したら、

「大丈夫よ、佐和子ちゃんはたくさん本のオーラを
浴びて育ったから、それがちゃんと残ってる」
というような言葉で励ましてくださったんです。

~~~ここまで本文より引用

そっか!
本のオーラを浴びるだけでいいんだ。

そのあとに紹介される石井桃子さんの言葉も素敵です。

「子どもたちよ。子ども時代をしっかりと楽しんでください。
大人になってから、老人になってから、
あなたを支えてくれるのは子ども時代の『あなた』です」

うわ~。
そうなんだよね。
子ども時代はちゃんと遊ばないとね。
って。
かつら文庫には、そんな「祈り」が詰まっていたのだろうな。

「本」というものが、著者の「祈り」を形にしたものだとしたら、
「本棚」っていうのは、本棚のつくりての「祈り」そのものだ。

そこからは、
「本のオーラ」が確実に出ていて、
それを感じるだけで、何かが動いていく。

「暗やみ本屋ハックツ」で
暗やみの中にあるのは、
本を寄贈してくれたひとりひとりの「手紙」であり、「祈り」だ。

それを感じることだけでも、何かになるような気がした。

3月4日まで、
東京都練馬区関町図書館(最寄駅:西武新宿線・武蔵関駅)で
「暗やみ本屋ハックツが関町図書館にやってくる!」
を開催中です。
https://www.lib.nerima.tokyo.jp/event/detail/2202

3月4日には僕も行きます。

本のオーラ、感じに来てください。

同じカテゴリー()の記事画像
プロジェクトと自分の関係
「そもそも自分とは何か?」という問い自体が無効化されていく
なんのために、この船に乗ったんだっけ?
「営み」の中にある「畑」と「本屋」
予測不可能な未来に対してフラットであること
「問い」の種を蒔く
同じカテゴリー()の記事
 プロジェクトと自分の関係 (2019-02-14 06:42)
 「そもそも自分とは何か?」という問い自体が無効化されていく (2019-02-13 13:46)
 なんのために、この船に乗ったんだっけ? (2019-02-12 13:13)
 「営み」の中にある「畑」と「本屋」 (2019-02-10 08:03)
 予測不可能な未来に対してフラットであること (2019-02-07 11:02)
 「問い」の種を蒔く (2019-02-05 10:11)

Posted by ニシダタクジ at 08:44│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。