プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 28人
オーナーへメッセージ

2018年09月04日

参加のデザインとしてのイナカレッジ

イナカレッジインターン中間研修
参加のデザインとしてのイナカレッジ

参加のデザインとしてのイナカレッジ

夜は集落の人たちと交流会
参加のデザインとしてのイナカレッジ

参加のデザインとしてのイナカレッジ

昨日、大学生のプロジェクト紹介とブラッシュアップの話を聞いていて、
イナカレッジは参加のデザインだと思った。

それってたぶん中越地震の時から、
いや、20年前からやろうとしていたこと。

参加型社会。
それをいかに作るか。
それはNPO法ができたときからのテーマであったと思う。

イナカレッジインターンには
地域の人たちが「参加」できる。

野菜を持って来たり、
話をかけにきたり。

自分がどうやって関わろうか?
という問いの中にいる。
大学生に何かしてやりたい。

それって地域づくりにおいては
まさに参加のデザインではないのか。

そういう見せ方もあるなあと思った。

同じカテゴリー(イベント)の記事画像
生きるために作品をつくる
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
「一回性」と「シェア」と「神話」
学びの主体を「個人」から「場」へ移行する
場のチカラと場の豊かさ
「誇り」がはじまる場所
同じカテゴリー(イベント)の記事
 視点を上げると、問いが小さくなる (2021-01-20 07:39)
 生きるために作品をつくる (2021-01-17 09:10)
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)
 「一回性」と「シェア」と「神話」 (2020-11-24 07:57)
 学びの主体を「個人」から「場」へ移行する (2020-09-26 08:48)
 やりがいは何か?という愚問 (2020-09-07 06:24)

Posted by ニシダタクジ at 06:29│Comments(0)イベント
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。