プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2019年04月21日

「理由」はまだ、ない。

茨城県日立市・
株式会社えぽっくの「旅する冊子」プロジェクト
https://a-port.asahi.com/projects/tabisuru_sassi/

作戦会議という名の
参加学生の振り返りをやっていました。

1週間の合宿をしながら4つの企業の取材をした
取材型インターン「チームひきだし」。

「理由」はまだ、ない。
写真は北茨城市・まるみつ旅館にて。

ひきだしの特徴は、
・毎日企業を取材してワークショップをしながら紹介記事を作成する。
・あらかじめ取材する企業が決まっておらず、企業を知らないまま学生はエントリーする。

学生の参加動機もさまざま。
「いろんな企業を知りたい」っていう前向きな理由(?)から

「インターンって行ったことないな、そういえば」
っていうちょっと気軽な理由。

「1週間で完結するインターン」
っていう時間ない系の理由。

「1週間実家から離れて暮らせる」
とか自由なのか不純なのかわからない理由。

うんうん。
これ、おもしろいな。
マーケティングに使える。

実家から1週間はなれて暮らす!みたいな。
1週間で完結するインターンシップ!みたいな。

逆にインターンシップを、
「ボランティア」するくらいゆるくしちゃうっていうか、
入口のハードルを下げるいう効果もありますね。

で、おもしろかったのが、やってみてどうだったか?の話。

ビフォアアフターで言えば、アフターは
・行って初めてわかることが大きかった。
・企業が直前まで知らされないのがおもしろい。
・楽しかった。自分が思っていたインターンシップと違った。
・マナー講座とかも学べてよかった。
・社長インタビューは最終面接みたいなもの。

っていうこと。
これ、いわゆる「得られる経験」みたいなところに書いてあるところ。

新たな気づきは、
・気づかないうちに、ホワイトカラー(オフィスワーク)志向になっている自分に気づいた。
・地元企業で就職先があるのか知りたかった。
・企業がわからないからこそ、「どうしてこの企業に?」と聞かれない安心感がある。
・スピード感と熱意と経験
・言葉にして伝えるのはむずかしい

僕が着目したのは、ここ。

企業がわからないからこそ、「どうしてこの企業に?」と聞かれない安心感がある。

それかも!
それ、大きいかも、って思った。

「どこの企業に行くのかわかりませんが、4社の企業の取材をします」

って言われたほうが予測不可能性が高まるし、

一番は、
どうしてこの企業に見学に来たのですか?
って聞かれない。

行動には理由があると、僕たちは教わってきた。

しかし、その理由は、
行動する前には、きちんとわからないのではないか。

「なぜ、その行動をするのか?」

っていう問いに答えられるのは、やってみた後になってから
なのではないか?

就職活動中の大学生も言っていた。
「志望動機」が明確に答えられないと。

「志望動機は?」
「それは入社した後に分かります。いまはまだ分かりません。」

そんな面接ができる会社があったらいいのに。

「理由」はまだ、ない。
でも、事後になって理由はわかるのかもしれない。

人はまだ、自分を知らない。
だから、「やってみる」んだ。
実験してみるんだ。

ひとまずは心のセンサーが
「やってみようかな」をキャッチして、
理由はわからずにやってみるんだ。

そして、後から理由がついていく。

株式会社えぽっくの提供する
「チームひきだし」プロジェクトは、

明確な目的・目標を決めずに、ひとまずはじめてみる、という、
「オルタナティブ就活」そのものな感じがしました。

2019年度も行いたいので、みなさまからの応援よろしくお願いします!

同じカテゴリー(学び)の記事画像
「手段」としての学びから「機会」としての学びへ
人生も熱中して遊ぶべきだ
「問い」=「切り口」+「ミッション」
参加・参画社会への「シェア」
未来を見たい人のための本
「何者かにならなくてもいい」
同じカテゴリー(学び)の記事
 「手段」としての学びから「機会」としての学びへ (2019-07-06 09:04)
 人生も熱中して遊ぶべきだ (2019-07-03 14:52)
 「問い」=「切り口」+「ミッション」 (2019-06-21 08:08)
 参加・参画社会への「シェア」 (2019-06-10 19:20)
 高校生×地域が必要な理由 (2019-06-07 09:18)
 未来を見たい人のための本 (2019-03-09 11:14)

Posted by ニシダタクジ at 05:48│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。