プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2019年05月22日

「価値とは何か?」を問うこと

大学を退職してから、
大学生とかかわる時間は少なくなりましたが、

茨城・日立の(株)えぽっくがプロデュースしている
茨城大学iopラボのための「場づくりラボ」
※次回は6月14日(金)16:00~18:00
http://www.ibaraki.ac.jp/commit/ioplab/2019/04/261832.html

企業取材型インターンシップ「チームひきだし」
※現在クラウドファンディング挑戦中です!(残り2日!)
https://a-port.asahi.com/updates/tabisuru_sassi/

そして(公社)中越防災安全推進機構がプロデュースする「にいがたイナカレッジ」
☆まもなく夏の1か月インターン募集開始
https://inacollege.jp/

新潟市×イナカレッジのプロジェクト「トビラ」
☆6月1日(土)にキックオフイベント開催
https://inacollege.jp/blog/2019/04/26/tobira0601/

の4つのプロジェクトにかかわっています。
この週末も、場づくりラボとイナカレッジラボだったのだけど。

あらためて、どうして自分がそこに至るのか?を考えてみると。

イナカレッジラボの時に言っていたのは、

イナカレッジの最大の魅力は、
「価値とは何か?」を問う機会を得るということ。

場づくりラボの話していたのは、
「場づくり」っていう言葉が響いていないんじゃないか?

それを挟んだ朝活でふと思ったのは、
大切なのは「自己効力感」ではなくて、
「成長的知能観」(⇔固定的知能観)
であり、チームでそれを作っていくことなのではないか。

そもそも自分とか自信とかって
ウソなんじゃないかって。

それを実感(体感)できるプロジェクトを
つくりたいのではないか?って思った。

「プロジェクト」の定義は、「新たな価値を創出する有期性の業務のこと。」
つまり、プロジェクトを設定するとは、「顧客」「価値」「期限」を決めることなのだけど、

その「価値」の部分に
「遊び」をつくるというか、

事前と事後で新たな「価値」を設定するというか、
やっている間にチーム内で「価値」を設定していくというか、
そういうことなのだろうと思った。

イナカレッジの1か月プログラムは、
3人でアウトプットするものをだんだんと決めていくし、

「チームひきだし」の取材後の冊子作りは、
それぞれが感じたことを共有して、
何を発信していくか決めていく。

「価値とは何か?」を問うこと

昨年9月、ひきだしとイナカレッジに参加して一番の気づきは、
「アウトプットするのはチームの力ではなく場のチカラ」だということだった。

「プロジェクト」の「価値」がプロジェクトを始まる前には
(明確には)決まっていない。

それによって、
「価値とは何か?」という問いが生まれていくこと。
その問いが集まる「場」に身を投じていく、溶かしていくこと。
場と一体化するというか、場の構成物となるということ。
そうして出てくるアウトプットについて、また振り返ること。
たぶんその繰り返しが必要で、それが価値なのだろうと思う。

「価値と何か?」っていう問いの中に身を投じること。
たぶん、それが通常の企業インターンとは違うのだろうと。

「期待する成果」や「求める人材」
っていうことじゃないアウトプットとインプットをしていくこと。

そのために「場」のチカラを高める必要があるし、
その「場」をどう作るかを?っていうのが
僕の現代美術家ポジションなのかもしれないなと。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
地域活動を学びのモチベーションにつなげる
「予測不可能性」と「創造的脱力」
「機会としての学び」の前で人はフラットになる
かき氷屋台@レガッタ大会
大学生と「価値」を生むために
「ふるさと」をつくるという問い
同じカテゴリー(日記)の記事
 戻ってもいいと思える場所 (2019-09-14 09:08)
 地域活動を学びのモチベーションにつなげる (2019-09-13 07:43)
 「予測不可能性」と「創造的脱力」 (2019-09-12 17:19)
 「機会としての学び」の前で人はフラットになる (2019-09-11 07:17)
 かき氷屋台@レガッタ大会 (2019-09-02 08:20)
 イナカレッジ集合研修2019 (2019-08-29 05:59)

Posted by ニシダタクジ at 09:47│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。