プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 76人
オーナーへメッセージ

2022年08月18日

「場」と「今」と「誇り」

「場」と「今」と「誇り」
大学生向け
企業取材インターン「ひきだし」の事前研修の日でした。
2020年度から完全オンラインになって3年目。

最初の年は、オンラインでの取材インターンは無理だと思い、中止しようと思っていた。
(合宿形式で得られるものが大きかったから)

が、オンラインだからこそできるっていうのがあるんじゃないか、
それを見てみたいという仮説でやってみたら、

ZOOMのブレイクアウトルームやチャット機能を駆使すると、
研修や取材の質が変化することが分かった。

特にインタビュー時のチャット機能の活用は、
インタビューを聞いている人が思ったことを書き込めるので
脳みそはフル回転するのだけど、話をどんどん展開させていくことが可能になる。

過去2年は、それを「オンラインの向こう側」と呼んだ。

3年目、オンラインが当たり前になったのと同時に、オフラインで行うインターンも増えてきた。
学生募集も、昨年に比べたら希望者が少なかった。

事前研修のキーワードは
・場のチカラ
・魔法をかける編集
・小さな誇りと物語
だった。
上の2つは、にいがたイナカレッジのプログラムでも言っているのだけど。

「場のチカラ」:成果を出すのは個人の力ではなく場のチカラなので、場のチカラを高めること
「魔法をかける編集」:いま、このメンバーでしか書けない記事を書くこと(感じたことを文字にすること)

そして3つ目。
取材先の人の小さな誇りを見つけ、再物語化すること。
歌われざる英雄(アンサング・ヒーロー)の発掘・発信。

今朝、振り返って思うのは、この3つは、僕自身の最大のテーマである
若者の自分らしさ(アイデンティティ)問題に対するアプローチなのではないか、と。

明治時代に、「自分」というフィクションを手に入れ、それを原動力に我が国は経済発展してきた。
ところがその経済発展という目的を失ったと同時に「自分」をも失ってしまった。

だから、
「場」にフォーカスすること
「今」にフォーカスすること
「誇り」にフォーカスすること

そこから生まれる「何か」にフォーカスすること。

「自分」にフォーカスしないこと。

たぶんそういうことだ。
「誇り」というのは、「継いでいく」べき物語のことなのではないか、って思った。

「継いでいく」と「創っていく」
そこに「誇り」が生まれ、物語が始まっていくのだろう。

それをクロスさせる「場」
今を感じられる「場」
創造のベースとなる「場」

を、僕はいろんな場所に(オンライン上も含めて)創りたいのかもしれない。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
単元テストという相互フィードバック
焚き火のような本屋
「文明の時間」と「自然の時間」
都市も人もツリーではない
「伝える」と「伝わる」
風景画を描くインタビュー
同じカテゴリー(日記)の記事
 単元テストという相互フィードバック (2022-09-23 08:35)
 焚き火のような本屋 (2022-09-19 09:21)
 「本が届く」場をつくりたい (2022-09-18 08:02)
 「自分」と「時間」に中途半端に抗う (2022-09-04 07:56)
 「文明の時間」と「自然の時間」 (2022-08-23 06:28)
 はじまり、という名の高校 (2022-08-12 06:12)

Posted by ニシダタクジ at 08:36│Comments(0)日記学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。