プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年02月26日

感性に触れる

加藤雄一。

2009年新潟大学教育学部卒業
某雑貨店の内定を辞退し、
日本一周の旅に出た男。

彼の職業は「笑顔写真家」
日本中にステキな笑顔を増やすために
写真を撮り、表現している。

そんな加藤くんの写真展が
3月11日~13日に
内野駅前の「やしち酒店」で開催される。
8日から準備をしているので、お手伝いしてくれる方を
大募集です。

彼の最新プロフィールはこちら

1986年2月17日生まれ
のんびり屋で、人の笑顔が大好き。
好きな言葉は、「ありがとう」「またね」
夢は、日本中・世界中を笑顔でいっぱいにすること!

中学一年生のときに『映画監督になる』と決める。
それから高校生からは、小説・カメラ・映画制作・詩・バンドなどのあらゆる表現に取り掛かる。

新潟大学に入り、全国を旅をするようになる。
色んな人に出逢い、色んな生き方に触れ、
色んな空を見上げていく。

そんな時、兵庫県を散歩していると、双子の3歳くらいの子どもたちと出逢い、
一緒に遊びながら写真を撮っているとき、
雷が落ちる。

『こんなステキすぎる笑顔を見たら、みんなも思わず笑顔になっちゃうでしょ!』

まさに、子どもたちの笑顔で、自分がめちゃくちゃ笑顔になった瞬間だった。
それが2008年の春のこと。

それからというもの、『笑顔写真家』と名乗るようになり、いろんな人の「笑顔」や「幸せ」を撮らせてもらっている。

今は大学を卒業して、2年間かけて『日本一周 笑顔の旅』をしている最中。
2011年に、日本中の笑顔や幸せがぎーっしりと詰まった宝箱みたいな写真集を出版予定。

彼のとった写真はこちら。(一部抜粋)
感性に触れる
感性に触れる
感性に触れる

同じカテゴリー(イベント)の記事画像
「機会」を「学び」にするふりかえりの重要性
「感じる」から始まるキャリア教育
「明日から何やりますか?」
自己肯定は「営み」の中に内蔵されている
参加のデザインとしてのイナカレッジ
やりたいことを決めることは価値を固定化すること
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「機会」を「学び」にするふりかえりの重要性 (2019-07-13 06:03)
 「感じる」から始まるキャリア教育 (2019-03-03 06:49)
 「明日から何やりますか?」 (2019-02-11 07:11)
 自己肯定は「営み」の中に内蔵されている (2018-12-08 11:03)
 参加のデザインとしてのイナカレッジ (2018-09-04 06:29)
 やりたいことを決めることは価値を固定化すること (2018-08-30 07:33)

Posted by ニシダタクジ at 06:23│Comments(0)イベント
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。