プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年05月12日

学校では聞けないこと

まきどき村の朝ごはんには、
世代を超えたトークがある。

いや。
世代だけではなく、
道徳の壁も
ちょっぴり超えているかもしれません。

昨日も、ご飯を炊いているときに
村長恋愛講座が開講。
親御さんには聞かれたくない
トークが満載でした。

学校では聞けないこと。
まったく将来には役に立たないこと。

でもそこにはひとつの学びがある。
「いろんな人がいて、いろんな人生がある。」

その積み重ね。
その実感が、生きることをどんどん楽にしてくれる
のかもしれないね。

大人になるって、結構楽しい。

☆今日のぷっちー☆
33/60 達成

今日の気づき
「表現し続けること。」
から生まれるものがきっとあるように思えてきました。


同じカテゴリー()の記事画像
待っている人がいる「場」
「他者化」と「承認」
本屋の夜明け
地域に風を吹かせる男
「ベクトル感」を感じる
「主人公になる」本屋という場をつくる
同じカテゴリー()の記事
 待っている人がいる「場」 (2018-06-26 08:23)
 「他者化」と「承認」 (2018-05-24 12:15)
 本屋の夜明け (2018-04-25 08:30)
 地域に風を吹かせる男 (2018-03-29 07:48)
 「ベクトル感」を感じる (2018-01-15 08:40)
 「主人公になる」本屋という場をつくる (2018-01-14 08:52)

Posted by ニシダタクジ at 05:55│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。