プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年06月13日

カテゴリー分け

B型人間は、自分勝手。
動物占いはオオカミだと孤独が好き。
カテゴリーに分けるのが好きな人が多い。
理解するというのはカテゴリーに分けるということなのか。

自分自身もどこかのカテゴリーに
属していると思うと少し安心する。
朝はご飯派orパン派みたいな。

さて。
中高生が自分の将来を考えたとき。
既存のカテゴリーに属さない道というのを
選ぶのは非常に困難だ。

「アフリカに学校を作りたいんだ」
と真剣に思ったとき、それを学校の先生や親に相談する。

が。
おそらくは「そんなこと言ってないでとりあえず勉強して大学に行け」
とかって言われるだろう。
あるいは「外国に行きたいなら英語はちゃんとできないとダメよ」
って意味不明の展開になるかもしれない。

将来なりたいものは何?
将来やりたいことは何?
と聞いてみるのに、カテゴリー外のものに対しては
それを認めない。

演劇をやりたいんだ!
釣りをひたすらやれるようになりたいんだ!
なんて言っても
「バカなこと言ってんじゃねえっ」って一蹴。

自分のカテゴリーに分けられないとき、
そこには不安だったり、否定する心が生まれるのではないか。

そこを誰かが受け入れてあげること。
親や先生でなくてもいい。
誰かひとりでも受け留めてあげられる人間関係。
そんなのを地域社会につくる必要がある。

あなたには、
あなただけの仕事がある。
あなただけの使命がある。
あなただけの天職がある。

カテゴリー分けされる必要などないのだ。
あなただけの人生なのだから。

あなたにしか創れない感動の瞬間がきっとある。

☆今日のひとこと☆
スタキャラメンバーの成長ぶりには驚きます。
わずか1ヶ月です。ミーティングの質が変わってきていること。
ものすごく当事者意識が芽生えていることを報告書から感じます。
ほとんどがまだ1年生。3年後にはどうなっちまっているんだろう?

同じカテゴリー()の記事画像
雪国の誇りをコンテナ輸送する
なぜ本屋なのか?
人間も一本の織り糸に過ぎない
光を観る観光
ものづくりがやりたくて、この会社に入ったんだ
工場は嘘つかないですから
同じカテゴリー()の記事
 雪国の誇りをコンテナ輸送する (2018-10-19 06:46)
 なぜ本屋なのか? (2018-10-07 09:35)
 人間も一本の織り糸に過ぎない (2018-10-04 10:29)
 光を観る観光 (2018-10-03 19:22)
 ものづくりがやりたくて、この会社に入ったんだ (2018-09-30 19:52)
 工場は嘘つかないですから (2018-09-29 18:18)

Posted by ニシダタクジ at 05:42│Comments(2)
この記事へのコメント
>あなたにしか創れない感動の瞬間がきっとある。

本当にそうだと思います。
この日のブログ好きです。
Posted by てんちょ at 2008年06月15日 11:16
>てんちょさん

あなたの創る感動の瞬間に、私も感動しています。
Posted by ジョニー at 2008年06月17日 09:55
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。