プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年06月21日

早ければ早いほどいい

創作中華「香町」オーナーの川﨑さんの言葉。

「目標設定は早ければ早いほどいい」

川崎さんが飲食店を立ち上げて新潟を元気にしたい
と志したのは20歳の頃。
途中下車はしたけれど、
基本的はその道に沿って進んできた。

27歳で起業。
現在4店舗に拡大し、多忙な日々を過ごしている。

たくさんの失敗をしてきた。
でもそれが必要だった。
その挑戦がいまをつくっている。

自分で壁を決めずに、まずはチャレンジすること。

「この道で間違いない」なんて確信は要らない。
なんとなく、この道かもと思ったら、即行動。
その繰り返しがいつか夢につながっていく。

たまには、途中下車もいいじゃないか。
でも、それが終わればまた目標へ進んでいこう。

人生は旅のようなものだなあって改めて感じた。

☆今日のひとこと☆
迷走するのも悪いもんじゃないと思う。
全ては経験。がんばれトシ~。
「何も失敗しなかった1日は、何もチャレンジしなかった1日だ。」
(中谷彰宏)

同じカテゴリー()の記事画像
学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる
ドリームチームのフリをしろ
信は力なり
「結節点」としての私と「わたしたち」
動的な屋号と空白のある地図
地域のためではなく、自分のために
同じカテゴリー()の記事
 学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる (2020-09-18 06:41)
 ドリームチームのフリをしろ (2020-09-13 07:46)
 信は力なり (2020-08-08 07:30)
 「結節点」としての私と「わたしたち」 (2020-07-24 08:11)
 動的な屋号と空白のある地図 (2020-06-14 09:22)
 「機会」を「問い」に換え、Whyに立ち返る。 (2020-06-05 07:58)

Posted by ニシダタクジ at 05:15│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。