プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2008年06月24日

語れない自分

ETIC.の宮城さん山内さんとは、
10年前にニアミスをしている。

「20代サミット」という時代の波。
サンクチュアリ出版もその波の中にいた。

東京・王子。
物語バー「狐の木」
藤澤烈というバーテンダーが
熱い若者達をつなげていた。

僕は出会ってしまった。
その熱い若者達に。

ジャンルを超えて、
「いま」と「これから」を語る彼らがまぶしかった。

そして、何も語るものをもっていない自分に
ただただ悔しかった。

そこは、チャレンジをしている者だけが語れる場だった。
半年後。
まきどき村というチャレンジを始めた。
やっと自分を少し語れるようになった。

10年来の悲願。
新潟にもそんな場所を。定期的な熱い飲み会を。

「語れない自分」に気づかせる場所を。
「オレも挑戦しなくちゃ」って奮い立たせる場所を。

そんな場所を待っている人がきっといるから。

☆今日のひとこと☆
トシからていねいな報告書が届きました。
いろいろと社内改革に取り組んだこと、
大きな意味があったと思う。、
あなたのおかげで経営理念ができました。

第2条
わたしたちは、「いま、ここにいるために生まれてきた」
そう思える瞬間を重ねていきます。

同じカテゴリー(イベント)の記事画像
「一回性」と「シェア」と「神話」
学びの主体を「個人」から「場」へ移行する
場のチカラと場の豊かさ
「誇り」がはじまる場所
信は力なり
「わたしたち」として歩む~「学び合い」から「見つけ合い」へ
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「一回性」と「シェア」と「神話」 (2020-11-24 07:57)
 学びの主体を「個人」から「場」へ移行する (2020-09-26 08:48)
 やりがいは何か?という愚問 (2020-09-07 06:24)
 場のチカラと場の豊かさ (2020-08-30 08:41)
 「誇り」がはじまる場所 (2020-08-11 07:37)
 信は力なり (2020-08-08 07:30)

Posted by ニシダタクジ at 06:43│Comments(0)イベント
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。