プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年06月25日

夢に日付を

ワタミの渡辺美樹社長の最新刊
「強く、生きる。」(サンマーク出版)
を読みました。

あとがきに、
「全社員に読ませたい」
と書かれているだけあって、渡辺社長の
価値観、人生観が満載の本。

その中の一言。

「夢に日付を」というのが渡辺社長のモットーだが
まだ夢、やりたいことを見つけられない人はどうすればいいのか。

それは、
「夢を見つける日に日付を。」
だそうだ。

この日までに自分のやりたいことを見つける。
この日までに自分の人生で何を果たすべきか見つける。

そうすると今日の生き方が変わってくる。
全力を尽くすようになる。

やりたいことがわからない。
自分がわからない。
しかし、アクションは始めなければならない。

「夢を見つける日に日付を。」

☆今日のひとこと☆
てっちゃん夜遅くまでウェブ更新おつかれさま。
ウチのブランド化には、あなたの力が欠かせません。
落ち着いたらレバ刺たべましょうね。

同じカテゴリー()の記事画像
「エンゲージメント」する
「多様性」と「編集」と「対話」と「価値観」と「アート」
二元論という禁断の実
伽藍を捨ててバザールに向かえ
後期近代と「何者~ナニモノ」問題
僕たちはダーウィンを誤解している
同じカテゴリー()の記事
 「エンゲージメント」する (2020-01-03 06:52)
 「多様性」と「編集」と「対話」と「価値観」と「アート」 (2020-01-02 06:54)
 二元論という禁断の実 (2019-11-25 08:47)
 伽藍を捨ててバザールに向かえ (2019-11-01 09:12)
 後期近代と「何者~ナニモノ」問題 (2019-08-24 06:22)
 僕たちはダーウィンを誤解している (2019-08-23 08:28)

Posted by ニシダタクジ at 06:21│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。