プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2008年06月27日

アウトプットする機会

多くの教育現場で、
インプット中心の教育が行われている。

「総合学習」が導入されて、発表の時間が設けられ、
いかにインプットしたものをアウトプットするか?
というのも重要なテーマとなった。

しかし。
世の中にはアウトプットする機会はほとんどない。
せっかく学んだものを試す機会がない。
それで学びの意欲が出てくるのだろうかと思う。

全国で長期インターンに取り組む団体に聴くと、
インターンをした後に、真剣に授業に取り組むようになる
学生も多いという。

アウトプットする機会を与えられて、うまくアウトプットできない経験。
もっと上手に表現したい。
あるいは自分のインプットがまだまだ足りない。
そう実感することで、インプットに力をいれていくのではないかと思う。

「アウトプットするためにインプットする」

それこそが学習の本質なのではないだろうか。
テストの点数を取るためでは決してないはずだ。

アウトプットの経験、
たとえばおやじ万博で店を持つとか。
イベントの集客を真剣にやってみるとか。

いろいろな場面でのアウトプットする機会に
積極的に挑戦してみるのはどうだろうか。

☆今日のひとこと☆
「志を共有する仲間に出会いたい」
と言っていた塩原さん。中2から持ち続けている思い。
まっすぐに夢に向かっている途中。スゲーなあって思いました。
オレもまっすぐに行きます。

同じカテゴリー()の記事画像
ICTってそういうことか、って。
現在性と全体性と一回性
「まちづくり」と「アイデンティティ」
学びのスタートラインに立つ
学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる
ドリームチームのフリをしろ
同じカテゴリー()の記事
 ICTってそういうことか、って。 (2020-11-13 07:20)
 それは「本屋」かもしれない (2020-11-04 07:20)
 現在性と全体性と一回性 (2020-10-31 09:07)
 「まちづくり」と「アイデンティティ」 (2020-10-26 08:02)
 学びのスタートラインに立つ (2020-09-29 08:13)
 学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる (2020-09-18 06:41)

Posted by ニシダタクジ at 05:49│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。