プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2010年06月13日

場のつくり方を学ぶ

アブダクション。
相互共振。
共感力。

これが次の時代のキーワードになってくる。

そのために
「場をつくる」ことが必要。

だから、
場をつくること=コーディネートすること。

ここを学ぶことが非常に重要になる。

それを20年も前から実践している
清水義晴さんの先見の明に頭が下がる。

本日、まちづくりコーディネーター養成講座が
開催されている。
スタッフの佐藤秋乃が出席中。

たくさん学んできてください。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
ICTってそういうことか、って。
「存在」は創造のエッジにある
同じカテゴリー(学び)の記事
 未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。 (2020-11-22 07:34)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)
 「学び続ける」から「まなびはつづく」へ (2020-11-16 08:28)
 何のための教育魅力化か? (2020-11-14 09:48)
 ICTってそういうことか、って。 (2020-11-13 07:20)

Posted by ニシダタクジ at 06:02│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。