プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2010年06月21日

大学横断ゼミ

アクションを起こしている
大学生につながることが多くなってきた。
チャンスをつかめる人たちがいる。

そしてだんだんと場ができていく。
ゆるくつながるのも「場」形成にすごく意味がある。
ツイッターというツールを持ち、
大学生たちがつながり始めた。

次はどうそれをアクションにつなげるか。
大学を横断したゼミがあってもいい。

大学横断。
それは、単科大学の宿命を超えていくということ。
視野の広さを手に入れるということ。

新潟国際情報大学では、
「国際交流インストラクター」
という授業が、新潟県立大学、敬和学園大学と
連携して行われている。
テーマは「国際」だ。

大学の枠を超えていくテーマで、
大学を横断したゼミができていくのは素晴らしいことだと思う。

「地域」「教育」「食・農」などの
テーマで自主ゼミができていくと面白い。

それを大学外でやることによって、
中高生にも落としていける可能性が見えてくる。

だんだんと見えてくる、目指すべき将来。

同じカテゴリー(アイデア)の記事画像
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
プログラムふりかえりメモ
地域×リベラルアーツな本屋
コミュニティ難民向け本屋さん
もうひとつのCSA
「心を開く」をデザインする
同じカテゴリー(アイデア)の記事
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 プロジェクトの解像度を上げる (2019-09-27 07:22)
 プログラムふりかえりメモ (2018-10-27 08:37)
 地域プロジェクトへの参加がキャリア観に及ぼす影響(仮)~「やりたいことがわからない」の社会学 (2018-10-15 06:39)
 「消費財化」という思考停止の罠 (2018-08-06 08:35)
 19歳のための本屋 (2018-06-01 10:03)

Posted by ニシダタクジ at 07:09│Comments(0)アイデア
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。