プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2010年06月27日

妄想力

にいがた総おどり祭実行委員会の
能登剛史さんがこんなことを言っていた。

2002年。
にいがた総おどり祭第1回。
たった3人で立ち上げた踊りの祭。

小さな事務所に集まり、
妄想会議を広げていた。

名づけて2010年、どうなっているか?

市長があいさつして、
踊り子はこのくらいきて、
新潟市内の全何箇所で開催して
経済効果は何億円。

単なる妄想。
根拠のない空想。

最近。
そのメモが出てきた。

なんと。
あのときの妄想は
すでに昨年、2009年の総おどりで
実現していた。

妄想力。

現状の延長上にないぶっ飛んだ夢が、
人生を大きく変えていく。

同じカテゴリー(アイデア)の記事画像
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
プログラムふりかえりメモ
地域×リベラルアーツな本屋
コミュニティ難民向け本屋さん
もうひとつのCSA
「心を開く」をデザインする
同じカテゴリー(アイデア)の記事
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 プロジェクトの解像度を上げる (2019-09-27 07:22)
 プログラムふりかえりメモ (2018-10-27 08:37)
 地域プロジェクトへの参加がキャリア観に及ぼす影響(仮)~「やりたいことがわからない」の社会学 (2018-10-15 06:39)
 「消費財化」という思考停止の罠 (2018-08-06 08:35)
 19歳のための本屋 (2018-06-01 10:03)

Posted by ニシダタクジ at 06:00│Comments(0)アイデア
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。