プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年07月30日

問題意識を探る

大学4年間。
長いようで短い。

一番大切だと僕が思うのは、
自分にとっての問題意識を探るということ。
そしてそれを徹底して調べるということ。

環境問題、食糧危機、農業問題。
その本質は何か?
本を読み、人に会い、自ら考える。

自分がアクションを起こすところはどこか?
そしてアクションを起こす。

もっと問題意識を感じるところが出てくる。
それをまた調べる。
人に会う。
自分で考える。

その繰り返ししかないのだと思う。

環境問題の本質は、
ひとりひとりが幸せの定義を真剣に考えていないこと。
そしてそれを具体的に示せていないこと。

だから、自分で幸せとは何かを考える人を生んでいかなくてはならないし、
まきどき村で幸せを表現しなければならない。

自分にとっての問題意識がどこにあるのか?
そしてそれをどのように解決していくのか。
問いかけ続けることが必要だ。

今日のひとこと
おやじ万博チームに新メンバーが!!
しかも男!
これでさらにパワーアップできるかな~。
ポスター張りをがんばって成果がでましたね。
熱意は通じるね。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
人生は経営であると伝えること
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。
瓶の中に紙切れを入れ、封をして海に流すことだけ
同じカテゴリー(思い)の記事
 人生は経営であると伝えること (2019-08-18 07:58)
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)
 違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。 (2018-02-23 08:21)
 「向き合わない」で「パラレル」につくる (2018-02-09 08:33)

Posted by ニシダタクジ at 06:10│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。