プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年07月13日

地域から自分を見る

「地域協働」

地域社会も、大学も、大学生も、これを必要としている。

古町再生が叫ばれる何十年も前から
地方は疲弊している。
商店街に活気はすでになかった。

車社会は進む一方で
公共交通はますます不便になる。

door to door で、立ち寄ることのない
効率至上主義社会。

失われたのは、商店街の活気だろうか。
地方の産業だろうか。

失ったのは
コミュニケーションとコミュニティだ。

大人とのコミュニケーションをしたことがないから
「初対面が苦手です」と言う大学生。

コミュニティがないところで育ったから
「地域のために何ができるか?」なんて、
誰も考えていない地域社会。

このままではただただ、沈没していくだけだ。

取り戻すべきは、コミュニケーションとコミュニティ。
それを生んでいくのは、地域協働のプロジェクトだ。

コラボレーションにより
コミュニケーションが生まれ、それが
コミュニティをつなぎなおしていく。

地域にも
大学にも
大学生にも
「地域協働」プロジェクトで、突破をしていこう。

同じカテゴリー(就職)の記事画像
コナトゥスを意識する
「就活」と「手紙」
コードネーム「耳をすませば」
「早く進路を決めろ」という呪縛
「機能」としてでなく、「人間」として就職する。
企業も、乗り物
同じカテゴリー(就職)の記事
 やりがいは何か?という愚問 (2020-09-07 06:24)
 コナトゥスを意識する (2019-03-14 16:46)
 「就活」と「手紙」 (2019-01-14 08:21)
 コードネーム「耳をすませば」 (2019-01-13 09:08)
 「就活」というフレームワーク (2018-12-19 07:03)
 「有用かどうか?」という思考の罠 (2018-10-07 11:02)

Posted by ニシダタクジ at 07:11│Comments(0)就職
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。