プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2010年07月18日

「誇り」に触れる

「誇り」に触れる、ということ。

2001年3月。
旧庄屋佐藤家保存会主催の
カヤ刈りボランティアに参加。

かや葺き屋根の葺き替えを
するためのかや刈り。
ただ、草刈り機で刈って、それを束ねて運ぶ
という単純作業。

4面を葺き替え、今年が最終年度。

夜、おつかれさまの懇親会。
涙が出た。

地域の人、ひとりひとりから、
「地域を愛している」オーラを感じた。
自分がこのムラの出身だという誇りを感じた。

思えば。
あの日が僕のコミュニティに興味を持った原点
だったように思う。

地域を愛し、地域のためにやるということ。
そこに一番大切な「誇り」がある。

20代でやるべきこと。
それは「誇り」に触れること。
自分にとって「誇り」とは何か?
問いかけること。

この夏。
2004年の中越地震から6年。

中越の山奥で懸命に生きている
人たちがいる。

その人たちのリアルな日々と声に迫る
4泊5日を用意しました。

とき:8月16日(火)~21日(土)
場所:中越各地(栃尾、小国、川口、長岡、小千谷等)
参加費:4泊5日宿泊・食費込5000円(基本民泊になります)

「誇り」に触れる5日間。

「地域」そして「日本」を感じる5日間になります。

一緒に中越に行きましょう。

同じカテゴリー(イベント)の記事画像
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
「一回性」と「シェア」と「神話」
学びの主体を「個人」から「場」へ移行する
場のチカラと場の豊かさ
「誇り」がはじまる場所
信は力なり
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)
 「一回性」と「シェア」と「神話」 (2020-11-24 07:57)
 学びの主体を「個人」から「場」へ移行する (2020-09-26 08:48)
 やりがいは何か?という愚問 (2020-09-07 06:24)
 場のチカラと場の豊かさ (2020-08-30 08:41)
 「誇り」がはじまる場所 (2020-08-11 07:37)

Posted by ニシダタクジ at 05:28│Comments(0)イベント
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。