プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2010年08月10日

大学の誇りを自ら創る

大学の倍率が3倍くらいだとすると
合格者数の2倍の不合格者がいる。

すると。
彼らは、浪人をするか、
または他の大学に入る。

いわゆる「不本意入学」だ。

あるいは、
大学に入ったけれど、
思っていたような場所ではなかった。

などということは起こりうる。
いや。
おそらくはたくさんの大学で
現実に起こっているのだろう。

そんなとき。
どうするか。

大学に背を向けて、社会に飛び出すか。
大学を盛り上げようと、学園祭の実行委員をやるか。

いろいろと方法はある。

少なくとも
「大学のレベルが低い」と文句を言っているだけではダメだ。

大学の誇りを自ら創る。

スクールウォーズのモデル、
伏見工業高校で先生たちが
ラグビー日本代表の山口先生に言った。

「ラグビーで日本一になってください。
この学校には、誇りが必要なんです。」

「誇り」は与えられるものではない。
自ら勝ち取るものだ。

つかみとろう。
誇りある大学を。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
教育の主体は集団であり、教育活動から受益するのも集団である。
ブレストに「否定しない」というルールは必要か?
学びの報酬は達成感ではなく、違和感を得て、問いが新たに始まること
士別れて三日ならば、即ち更に括目して相待すべし
僕は何のためにこの船に乗ったんだっけ?
アイデアが生まれる場所
同じカテゴリー(学び)の記事
 教育の主体は集団であり、教育活動から受益するのも集団である。 (2020-03-29 17:43)
 ブレストに「否定しない」というルールは必要か? (2020-03-27 08:51)
 学びの報酬は達成感ではなく、違和感を得て、問いが新たに始まること (2020-03-18 07:33)
 士別れて三日ならば、即ち更に括目して相待すべし (2020-03-15 05:49)
 僕は何のためにこの船に乗ったんだっけ? (2020-03-08 14:58)
 アイデアが生まれる場所 (2020-03-02 10:16)

Posted by ニシダタクジ at 07:39│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。