プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年08月23日

おやじの自慢話を残したい

中越留学4泊5日。
中越地震の直後から
中越の復興に尽力している阿部くん
との初コラボ。

その最終日の飲み会。

栃尾名物?の「ぶと」
(蚊よりずっと小さくて激烈に痒い・・・)
に喰われまくりながら飲み会。

酒が美味い。

というより、飲んだのは
「金麦」だけだったんだけど。

そこに想いが込められていたから。
中越の復興地域で活動する復興支援員。

ひとりひとりから、
中越のよさがにじみ出る。

中村が阿部くんに聞いた。
「阿部さんの残したいものはなんですか?」

おやじの自慢話を残したい。
そう言った。

10世帯前後の小さな集落で
誇りを持って、生きているおやじたちがいる。
そのおやじたちの生き様に触れる、4泊5日。
それが中越留学だった。

参加者ひとりひとりにそれは、確かに届いた。

次の世の中も、今の世の中も。
世界はひとりひとりの意志で作られる。

そう実感した栃尾の夜。

やけに酒が美味かった。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる
もう出港しているんじゃけえ
場のチカラと場の豊かさ
「誇り」がはじまる場所
信は力なり
問いを研いで磨く
同じカテゴリー(学び)の記事
 学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる (2020-09-18 06:41)
 もう出港しているんじゃけえ (2020-09-11 07:43)
 場のチカラと場の豊かさ (2020-08-30 08:41)
 「誇り」がはじまる場所 (2020-08-11 07:37)
 信は力なり (2020-08-08 07:30)
 問いを研いで磨く (2020-08-01 07:56)

Posted by ニシダタクジ at 06:14│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。