プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年08月30日

持てるもの全て、このコートに置いてこよう

エコリーグ全国ギャザリングに
行ってきました。
2007年以来。

なんというか。
あの空気感がいいですね。

3年ぶりなんで
現役学生はほとんど知らない人なんですが、
いつものメンバーもいるので、
近況を確認したりして。

今回の役割は
アプローチ分科会「ビジネス」の講師。
僕が「ビジネス」を語るとは、思いませんでしたが。

とにかくスラムダンクの精神
「持てるもの全て、このコートに置いてこよう。」
で全力疾走。

ちょっと時間配分がずれて
後半のワークの時間が少なくなってしまいましたが。
今後、改善していきます。

わずか7時間の滞在でしたが、
原点に帰る、素晴らしい空気でした。
あの「場」が素晴らしい。

最後になつかしメンバーの
にしてつこと西てつし 堺市議会議員と
「カフェから時代は創られる」の飯田美樹・彦輝夫妻とパチリ。
(こう書くと、げんきくんに怒られそうだ)

持てるもの全て、このコートに置いてこよう

ありがとうございました!
また呼んでください~。

同じカテゴリー()の記事画像
地域のためではなく、自分のために
「判断」の余白をつくる
コーディネーターがつなぐのは
「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける
「屋台」のある街
ありえたかもしれない、もうひとつの近代
同じカテゴリー()の記事
 地域のためではなく、自分のために (2020-02-12 13:19)
 「判断」の余白をつくる (2019-12-09 10:20)
 コーディネーターがつなぐのは (2019-11-20 07:49)
 「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける (2019-07-24 09:39)
 「屋台」のある街 (2019-05-19 08:19)
 ありえたかもしれない、もうひとつの近代 (2019-04-18 09:45)

Posted by ニシダタクジ at 06:19│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。