プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2010年09月11日

10年先の話をしよう

京都の
NPO法人ユースビジョンの
赤澤さんにインタビューした。

京都では
NPOの職員が集まって、
「次の世代を担う人材を育成しよう」と

NPO・NGOでの長期インターンシップを
仕組み化し、これまで40名を輩出。
大学を卒業した20名のうち8名がNPO、NGOの職員となった。

その精神がすごい。
「みんなで育てて、みんなで共有しよう。」

育成するのは、自団体のためではなく、
地域をよりよくするため。

だから、少しずつ労力を出し合って、
人材育成の仕組みをつくる。

まさに「持ち寄り」の考え方。

NPOの基本精神である、
金のある人は金を出そう
智恵のある人は智恵を出そう
体力がある人は体力を出そう

そんな、持ち寄り精神の結実のような世界が京都にある。

その原点は何か?

「よりよい地域社会をつくるためには」という
話し合いをずっと継続してきたことだ
と赤澤さんは言う。

なにかのイベント、
フォーラムなどの実行委員会で
一緒になると、ひたすらその話。

10年先の話をしていたんだ。

そうか。
僕たちも始めよう。

秀太さん。隆太郎さん。本多さん・・・
10年先の新潟の話をしよう。

同じカテゴリー()の記事画像
「判断」の余白をつくる
コーディネーターがつなぐのは
「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける
「屋台」のある街
ありえたかもしれない、もうひとつの近代
「ただいま」って言える場所
同じカテゴリー()の記事
 「判断」の余白をつくる (2019-12-09 10:20)
 コーディネーターがつなぐのは (2019-11-20 07:49)
 「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける (2019-07-24 09:39)
 「屋台」のある街 (2019-05-19 08:19)
 ありえたかもしれない、もうひとつの近代 (2019-04-18 09:45)
 「ただいま」って言える場所 (2019-02-22 07:22)

Posted by ニシダタクジ at 07:03│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。