プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ

2008年09月12日

つらい経験をする

毎日夜遅くまで仕事をして
朝早く仕事に出て行く。

川口町にボランティアに行っていたとき、
10週間、毎週末土日連続で
朝6時半の電車に乗って、9時半に帰ってくる
という生活をしていた。

電車の中では何もしていないし、
現場についても中学生の勉強サポートを
していたから、そんなに体力的には
つらくはなかったとは思うが。

つらい経験をすることそのものは価値ではないと思う。
いい経験であるかもしれないが。
「つらかった」ことに耐えた
というだけでは価値ではないと思う。

若いうちの苦労は買ってでもしたほうがいいと
よく言われる。
僕はつらいだけの経験は
中学校の部活だけでいいと思う。

つらい中でも頭や精神をフル回転させて、
いまやっていることはどんな意味があるのか。
自分が目指していることは何か、
ひたすらに問いかけ続け、
今やっている経験がその問いに生きてこそ、
価値となっていくのではないかと思う。

仕事のクオリティは
精神状態に大きく作用されると思う。
つらい中でも精神的余裕をもてるかどうか。
すごく大切なことではないだろうか。

☆今日のひとこと☆
大学生ひとりひとりに人生のドラマがある。
それに寄り添うのはステキな仕事です。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
「主体性」への旅
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
同じカテゴリー(学び)の記事
 「主体性」への旅 (2020-12-01 09:32)
 「効率化」以外の解決策はないのか? (2020-11-28 07:59)
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)
 未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。 (2020-11-22 07:34)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)

Posted by ニシダタクジ at 06:10│Comments(2)学び
この記事へのコメント
まー生きてたら色々ありますね
Posted by ここなっつ at 2008年09月12日 09:57
>ここなっつさん

ありますね~
つらい経験もたくさんありますね~
Posted by ジョニー at 2008年09月12日 19:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。