プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年09月16日

決めすぎない

何の意味があるかわからないが、
縁を大切にして、とりあえずやる。
継続してやる。
半年くらい徹底的にやる。

これができるかできないか。
ここに、人生におけるタフさが出てくる。
「なんとかなる」
っていう自信が生まれる。

自分のやりたいことはこれだ!
と明確にするのは素晴らしいと思う。

しかしながら、
早く決めすぎて、
その最短距離を進もうとし過ぎると、
その道を途中で断念したとき、次の道へ
行くことがたいへんになる。

時代が大きく変わっている。
数年前まで、花形企業だった外資系証券会社が
突然経営破たんする時代。

「先を見る目」を養うよりも、
変化に対応できる自分自身をつくっていくことではないか。

決めすぎないで、
縁を大切にしてとりあえずやる。継続してやる。
半年くらい徹底的にやる。
そんな場に起業家留学がなればいいと思う。

ダーウィンが言う。
もっとも強いものが生き残るのではなく
もっとも賢いものが生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは変化できるものである。

☆今日のひとこと☆
ぷち革が順調に進んでいます。
進んでいない人もいますが。
毎日、続けていくこと。
これが自分の中で革命を起こします。
世間の見方が変わります。お楽しみに。

同じカテゴリー(就職)の記事画像
コナトゥスを意識する
「就活」と「手紙」
コードネーム「耳をすませば」
「早く進路を決めろ」という呪縛
「機能」としてでなく、「人間」として就職する。
企業も、乗り物
同じカテゴリー(就職)の記事
 コナトゥスを意識する (2019-03-14 16:46)
 「就活」と「手紙」 (2019-01-14 08:21)
 コードネーム「耳をすませば」 (2019-01-13 09:08)
 「就活」というフレームワーク (2018-12-19 07:03)
 「有用かどうか?」という思考の罠 (2018-10-07 11:02)
 「早く進路を決めろ」という呪縛 (2018-04-04 06:58)

Posted by ニシダタクジ at 06:13│Comments(0)就職
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。