プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年09月17日

イマジン

経営理念の1カ条にこんな言葉がある。
私たちは、仕事の先にある
まだ見ぬひとりの笑顔を思い描きます。

いまやっているパソコン入力作業も、
書類作成も、ミーティング報告も、
すべて、まだ見ぬ誰かの笑顔につながっている。
それを日々、感じながら仕事ができたら、
仕事は楽しくなるのだろうなと思う。

僕たちの仕事の先に誰がいるのか。
想像してみよう。

想像してごらん。

小学生がわかった!できた!と目を輝かせている瞬間を。

中学生が学校では見せないまぶしい笑顔を見せている瞬間を。

高校生がはやく社会に出て働きたいと熱く語る瞬間を。

大学生が自分の力不足を知り、それでも前を向いて進んでいる瞬間を。

想像してごらん。

大人たちが自分の人生に誇りを持ち、瞳を輝かせて未来を語る地域社会を。

僕たちはそんな世界を実現するんだ。

☆今日のひとこと☆
ミーティングでガツンと一言ぶちかましてくれた中村さん。
僕自身が空気を創っていかないといけないなあと思いました。
あなたがチームの要です。ありがとう。

同じカテゴリー(チーム)の記事画像
「場」に委ねる
「チーム」とは、問いを共有する、ということ
いまこの瞬間と、その先にある未来に共感していること
同じ船に乗る
ツルハシブックス3rd
The time has come
同じカテゴリー(チーム)の記事
 ルーツと価値観を開示すること (2018-03-14 08:21)
 「場」に委ねる (2017-07-31 08:25)
 「チーム」とは、問いを共有する、ということ (2017-06-08 08:22)
 いまこの瞬間と、その先にある未来に共感していること (2017-05-09 05:33)
 「ミーティング」とは感性をチューニングすること (2017-04-23 06:33)
 ツルハシブックスが劇団になった日 (2016-12-24 18:40)

Posted by ニシダタクジ at 06:45│Comments(0)チーム
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。