プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2011年08月26日

ワールドカフェ

大切なのは、ワールドカフェという手法ではない。
とカフェ五十川堂の五十川さんに聞いた。

たしかに。
その通りだと思った。

いま。
一流会社の入り口近くのロビーには
カフェコーナーが設置されているという。

そこで、社員同士の打ち合わせが
行われていることが多い。

そこを通りがかる社員が
会話の中からアイデアをもらう、
というのがよくあるのだという。

そう。
それがワールドカフェか。

五十川さんのイベントでは、
チームごとに分かれて
プレゼンテーションをするのだが、
(社長に挑戦セヨ!みたいなイメージか)

必ずランチは、チームとは離れて食べる。
のだという。

それぞれのチームが抱えている課題を
他のチームの人が聞くと、
なんらかの解決策が出ることがあるからだという。

そう。
それがワールドカフェの使い方だ。

形式が大切なのではなく、
どうインパクトを生むものがあるか?

重要なのは、「多様性」。

だから、学校でも公民館ではなく、
カフェであることが重要なんだ。

自然と生まれるワールドカフェ。
そんな空間づくりをやってみたいなあ。

街をダイナミックに活用したワールドカフェ。
うちのDEアートのときにできないかなあ。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
学びの主体を「個人」から「場」へ移行する
学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる
もう出港しているんじゃけえ
場のチカラと場の豊かさ
「誇り」がはじまる場所
信は力なり
同じカテゴリー(学び)の記事
 学びの主体を「個人」から「場」へ移行する (2020-09-26 08:48)
 学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる (2020-09-18 06:41)
 もう出港しているんじゃけえ (2020-09-11 07:43)
 場のチカラと場の豊かさ (2020-08-30 08:41)
 「誇り」がはじまる場所 (2020-08-11 07:37)
 信は力なり (2020-08-08 07:30)

Posted by ニシダタクジ at 08:21│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。