プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年04月15日

ABCの法則

おととい書きました、「3人で会う」。
これにはなんと重要なビジネス理論が
入っていたのだと言います。

ネットワークビジネスや
宗教の勧誘などでも使われているという
個人対個人が相手を説得するための強烈なツール。
それが「ABCの法則」だ。

A=Adviser
B=bridge
C=Customer

の3人で必ず会うということ。
AはCに仲間にならないかと誘う。
あるいはモノを買わないかと誘う。

つまり
A=説得する人
C=説得される人(仲間になる人、モノを買う人)
B=橋渡しをする人。

ここでもっとも大切なのはB=橋渡しをするひとだ。

BはAとCの共通の知り合いでなければならない。
そして、2人をうまくつないでいかなくてはいけない。
Aの言うことには基本的にはただうなずくだけ。
それだけでも劇的な効果を生むのだそうだ。

そうか。
僕の役割はBになっていくことなのかもしれない。

伝説のバー「狐の木」で藤沢烈さんが
やっていたのはネットワーカーというまさに
人と人をつなぐ役割だった。

そこになんらかの「意思」をもたせることで
効果が劇的になるのかもしれない。

企業訪問にも使えますね。
大学生がただうなずいているだけでも
効果があるようです。
大学生は「大学生」という共通認識なので、
お互いに知っている存在になりえるのだそうです。

新潟の社長のみなさん。
ビジネス現場に大学生のかばん持ち、
いかがですか?

同じカテゴリー(学び)の記事画像
人と向き合わず目標に向かう
気が付くと地域と自らの人生の当事者になっている
10年後に最高の形で、この学校があるとしたら
地域のためではなく、自分のために
自己の在り方生き方と一体的で不可分な課題
「モモ」のような本屋
同じカテゴリー(学び)の記事
 人と向き合わず目標に向かう (2020-02-23 07:29)
 気が付くと地域と自らの人生の当事者になっている (2020-02-22 12:36)
 10年後に最高の形で、この学校があるとしたら (2020-02-17 06:21)
 地域のためではなく、自分のために (2020-02-12 13:19)
 自己の在り方生き方と一体的で不可分な課題 (2020-02-11 07:00)
 「モモ」のような本屋 (2020-02-09 08:01)

Posted by ニシダタクジ at 06:56│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。