プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年08月30日

下本町商店街

1日からスタートする
商店街インターンシッププログラムの
挨拶回りにいってきた。

下本町商店街。
本町通12番町13番町の
通称「フレッシュ本町」

歩く人はお年寄りばかりで
どこがフレッシュなのか?とツッコみたくはなるのですが。

挨拶回りしていても
みなさんあたたかく迎えていただける。

魚屋さんで
イカの塩辛、200円を購入。

しようとしたら、
「150円でいいよ。」
と言われる。

小森豆腐店の
豆乳ソフトクリームは
なんと100円で超美味。
絹揚げも絶妙でした。

全ての食べ物屋さんで何かを買って食べる。
これを3週間の目標にしようと思います。

写真撮ってレポートしなければ。

楽しい3週間の始まりです~。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「場」に差し出すことしかできない
ありえたかもしれない、もうひとつの近代
「問い」をもらう「場」としての「本屋」と「地域」
場という「おでん」の具として生きる
「おでん」のような「場」をつくり、「植物」を育てるように「事業」をつくる
「委ねる」という「創造的脱力」
同じカテゴリー(日記)の記事
 「場」に差し出すことしかできない (2019-05-19 09:13)
 ありえたかもしれない、もうひとつの近代 (2019-04-18 09:45)
 「問い」をもらう「場」としての「本屋」と「地域」 (2019-04-09 06:43)
 場という「おでん」の具として生きる (2019-03-18 06:37)
 「おでん」のような「場」をつくり、「植物」を育てるように「事業」をつくる (2019-03-15 10:55)
 「委ねる」という「創造的脱力」 (2019-02-27 08:09)

Posted by ニシダタクジ at 07:10│Comments(0)日記
この記事へのトラックバック
新潟市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/30 09:16)【ケノーベル エージェント】at 2013年08月30日 09:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。