プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2008年10月22日

ふるさとを持つ

大学生の頃、
「ふるさと」を持つ人がうらやましく思えた。

「郷土(クニ)に帰る」
という表現をして、長期休み、実家に帰っていく友達。
季節になると、さくらんぼが送られてきて、
みんなに振舞っている山形県出身の友達。

そんなのを見て、いいなあと思っていた。

僕はいま、毎週日曜日に「ふるさと」に帰っている。
「ふるさと」では、いつものばあちゃんたちが
朝市で待っている。
斉藤さんが佐藤家で待っている。

まきどき村は「行く場所」ではなく、「帰る場所」だ。

そんな感覚になれる場所での体験を
高校生のときまでにさせることができるか。
あるいは大学生に対して、
そういう場所を提供できるか。

そういう心のふるさとに、
鮭が川を登るように、人はまた、帰ってくるのではないかな。

「ふるさと」を、たくさんの手法で作っていくこと。
そんなお手伝いをしたいです。

まきどき村には、「ふるさと」があふれていますよ。

同じカテゴリー()の記事画像
学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる
ドリームチームのフリをしろ
信は力なり
「結節点」としての私と「わたしたち」
動的な屋号と空白のある地図
地域のためではなく、自分のために
同じカテゴリー()の記事
 学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる (2020-09-18 06:41)
 ドリームチームのフリをしろ (2020-09-13 07:46)
 信は力なり (2020-08-08 07:30)
 「結節点」としての私と「わたしたち」 (2020-07-24 08:11)
 動的な屋号と空白のある地図 (2020-06-14 09:22)
 「機会」を「問い」に換え、Whyに立ち返る。 (2020-06-05 07:58)

Posted by ニシダタクジ at 06:17│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。