プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年04月20日

役割を見つけていく

「トシ、農業好きか?」
で知られる、鈴木俊也。
現在就職活動中。

東京と新潟の往復。
その合間に、
農家ファンクラブプロジェクトの
司令塔の役割を果たしている。

土曜日の夜も3時くらいまで
書類の印刷と当日の準備物確認。
トシのおかげで、忘れ物をすることなく、
イベントがスムーズに進行した。

田守れい。
農家ファンクラブの突破隊長。
大学内にサークルAFCを立ち上げ、
いままさに青春キャンパスライフの扉を開いた。

サッカーで言えば、
トシが中盤の守備的MFで攻めと守りの
バランスをとっている。
れいちゃんはCF、センターフォワードだ。
五十嵐くんにはキーパーを守るDFの要をやってほしいな。

僕はチーム内では、
左のウイングあたりだろうか。
突破のチャンスをつくっている。

チーム内に自分がいる意味を、
双方共に確認しあっていること。
仕事が楽しくなる、ひとつの条件だ。

何度も言うけど、
僕たちの合言葉は、
「ボールを持ったら、観客すべてが自分を見ていると思え。
そして一歩でもボールをゴールに近づけろ。」

個人技とチームのパスワークでゴールを目指そう。

同じカテゴリー()の記事画像
「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける
「屋台」のある街
ありえたかもしれない、もうひとつの近代
「ただいま」って言える場所
「伴奏型支援」
「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ
同じカテゴリー()の記事
 「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける (2019-07-24 09:39)
 「屋台」のある街 (2019-05-19 08:19)
 ありえたかもしれない、もうひとつの近代 (2019-04-18 09:45)
 「ただいま」って言える場所 (2019-02-22 07:22)
 「伴奏型支援」 (2019-02-09 06:39)
 「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ (2019-02-04 08:39)

Posted by ニシダタクジ at 07:05│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。